うる星やつら いつだってマイ・ダーリン

劇場公開日

0%
14%
72%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1991年製作/日本
配給:アルゴプロジェクト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
高屋敷英夫
金春智子
原作
高橋留美子
企画
落合茂一
製作
多賀英典
プロデューサー
松下洋子
作画監督
高橋久美子
撮影
山口仁
美術
上原伸一
音楽
小滝みつる
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

3.0本作はまあまあだけど、いつだって『うる星やつら』が好きだっちゃ!

近大さん
2019年2月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

『うる星やつら』アニメ放映10周年記念として1991年に製作された劇場版6作目。

突然現れた自称“大宇宙の王女”・ルピカにさらわれ…正確には、美少女のルピカに自らさらわれたあたる。
ルピカはある目的の為にあたるを利用しようとしていた。
ラムはあたるを救出に向かうが…。

ルピカの目的とは、自身の恋成就。想いを寄せる幼馴染みの青年が居て、ある星に隠されている宇宙一の惚れ薬が欲しい。その難関を突破出来るのは、宇宙一の煩悩者だけ。
あたるの煩悩は宇宙レベル!
惚れ薬争奪戦の末、あたるが惚れ薬を飲んでしまい、ルピカを見てしまって…!

ラブにコメディにアクションに、『うる星やつら』らしいドタバタ劇。
お馴染みのキャラも多数登場。ツンデレなルピカのキャラもいい。
ヘンに作家性や独特の世界観出た作風ではなく、王道路線。
『うる星やつら』の一篇としては普通に楽しめる。

が…、
話はいささかこぢんまり。王道ではあるが、これと言って特色に欠ける。
何より、これが記念作で、あの『完結編』の後の映画最後かと思うと…。
面白味も内容も感動も余韻も何もかも、『完結編』には遠く及ばない。
いつもと変わらぬ作風や面々を見るのは嬉しいが、別に映画ではなく、TVSPでも良かったのでは…?
映画はやはり、『完結編』の有終の美であって欲しかった。

これが『うる星やつら』の締め括りと言うより、特別イベント・ムービー。
昨今で言うと『マジンガーZ』や『シティーハンター』のようなおまけのファン感涙ムービーと言った所か。

さて、久々の『うる星やつら』劇場版一気見も本作で終了。
また原作漫画やアニメを見たくなった。
やっぱり、いつだって『うる星やつら』が好きだっちゃ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全1件)

「うる星やつら」シリーズ関連作品