うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

高橋留美子の同名コミックを原作とする人気テレビアニメ「うる星やつら」の劇場版第2作。テレビ版のチーフディレクターである押井守が前作に続いて監督を務め、本作では脚本も担当。謎のタイムループに囚われた諸星あたるやラムたちの運命を描き、押井監督の初期の代表作となった。学園祭を翌日に控え、準備に大忙しの友引高校。あたるたちも学校に泊まり込んで作業に追われていた。そんな中、あたるたちの担任・温泉マークと養護教員のサクラは、学園祭の前日が延々と繰り返されていることに気付き、全員に帰宅を命じる。しかし、友引町はすでに異常事態に陥っていた。

1984年製作/98分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)高橋留美子/小学館

映画レビュー

3.5押井守さんのうる星やつらです!

2022年3月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

初鑑賞

タイトルからして夢オチを予告する良心的手法

Dr.スランプは原作もアニメも夢中になったがうる星やつらはそうでもなくあまり見なかった
なぜかはよくわからない
面白いのに
ラムちゃんがあたるに付き纏い電気ショックを浴びせる光景が子供の頃はダメだったのかもしれない
志村けんが若い頃に別れ話がもつれ包丁を持った女に追いかけられ甲州街道をしばらく走った逸話があるが似たようなものだろう

原作は『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』の高橋留美子

脚本と監督は『人狼 JIN-ROH』『機動警察パトレイバー』シリーズの押井守

押井守監督の代表作かつ出世作

第一作より第二作の方が評価が高い作品はわりとあるが日本のアニメではこれがその代表格

しかし原作者が怒り心頭に発する正真正銘の原作レイプの代表格
原作者が概ね満足していればファンの一部がいくら怒っても客観的にいって原作レイプではない
メキシコ旅行の際に久米田康治にもお土産を買ってくる優しい人が激怒するのだからよほどのことなんだろう
近いうち原作を読んで確認した方が良かろう

友引高校学園祭準備期間中
同じようなことを繰り返す毎日
帰宅しようにもなぜか街から出られなくなった
SFミステリーコメディー

巨大な亀の上に友引の街の光景
古代の人々が想像した世界観を彷彿させた
亀と居住スペースのあいだには象ではなく巨大な人間の石像が支えている

サクラが「2度目は悲劇 3度目は喜劇」と言っていたがこれはマルクスの名言で2度目3度目ではなくはじめ2度目が正しいのではないか

「暗いよー狭いよー怖いよー」の面堂終太郎
声を担当する神谷明やっぱり大好き
格が違う

一方でサクラの声を担当した鷲尾真知子
ドスのきいた声でいい味を出している
彼女をサクラの声としてスカウトの人はかなりの有能
神谷明を除くと一番印象に残っている
うる星やつらといえばラムちゃんあたる以上に面堂やサクラが印象深い

タクシードライバーとして重要なキーパーソン夢邪鬼としてなぜか藤岡琢也がゲスト出演
パトレイバーの竹中直人みたいなものだろう

あといくら高校生のノリとはいえ純喫茶第三帝国はヤバすぎる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

5.0至高

2022年1月15日
Androidアプリから投稿

原作者には評価されなかったようなので『うる星やつら』としては疑問符なのかもしれない。
だが一つの独立した作品として見たときに、その価値は格別のものがある。
色褪せることの無いない名作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シン・178

5.0遅れてきた青年が青春の学生運動の夢を総括

2021年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

押井が政治好きなのは有名だと思うが、その原点は大学に入ったらキャンパスにはもはやヘルメットを被った各セクトの学生はいなかったということだろう。大江健三郎のいう「遅れてきた青年」。それが押井である。
その欲求不満を彼はさまざまな形で映像化しているが、もっともオリジンに近い具現化が本作ではないか。

高度成長の後、東西冷戦構造ががっちり固められた何一つ変わらない日本には、永遠なる日常の倦怠が支配する。
その倦怠を密かに打破したいという願望を、あろうことか永遠なる日常の代表作マンガの中で達成するという野望が、本作の最大の動機である。

映画はお馴染みの学園ドタバタ騒ぎで始まるものの、そもそも学園祭の前日が果てしなく続いているという設定だから、それが「終わりなき永遠なる日常」という現実の比喩であることは明らかだ。
ところが、雨上がりの通学路の水たまりに溺れてみると、永遠だった日常が突然、非日常の様相を呈し始める。

その果てにあるのが、階数がしょっちゅう変化する学校校舎や荒廃した世界の中で繰り広げられる非日常の自由と解放、無政府主義的全学連的安田講堂占拠的wな世界である。
本作のハイライトは、間違いなくメガネが語る似非革命コミューンの年代記だろう。それ以外のカメや夢邪鬼やらのエピソードは、単なる辻褄合わせに過ぎない。

学生運動で存分に遊んだ押井は、最後に日常に戻らなければならない。青春は終わった。そろそろ現実に戻って、人々とちゃんと向き合って、付き合った女性にも責任を取らないといけない。
押井はそうした私的思い入れを、ラムの「責任取ってね」のセリフで示唆している。交際女性の妊娠でも連想させるかのように、わざわざラムを幼女の姿にまでして…。その意味で本作は、彼の青春の「総括」なのである。

高橋留美子がそれに気づかないはずがない。自分の作品の中で、他人に勝手に青春の総括などされてはたまったものではない。原作者激怒必至の怪作というしかあるまいw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

4.0作者からは嫌われてるけど、、

yoshifujiさん
2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

胡蝶の夢系の元祖ともいうべき傑作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yoshifuji
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「うる星やつら」シリーズ関連作品

他のユーザーは「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」以外にこんな作品をCheck-inしています。