輝ける女たち

劇場公開日

輝ける女たち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カトリーヌ・ドヌーブ、エマニュエル・ベアールというフランス映画界を代表する2人の女優が共演するヒューマン・ドラマ。南仏ニースにあるキャバレー“青いオウム”のオーナー、ガブリエルの死をきっかけに、彼を父親のように慕っていたマジシャンのニッキーやその元妻アリスら、疎遠になっていたファミリーが再び集まった。過去の秘密や現在の問題など様々な悩みを抱える彼らが繰り広げる人間模様を、懐かしいヒット曲を散りばめながら描く。

2006年製作/103分/フランス
原題:Le Heros de la Famille
配給:ムービーアイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2006−SBS FILMS−EDELWEISS PRODUCTION SRL−FRANCE 2 CINEMA

映画レビュー

2.0ベアール

kossyさん
2019年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 皆が愛するガブリエル。“青いオウム”では女装して司会。さすがに歳を感じたのか、一人寂しく海で入水自殺。

 遺言ではほとんどの財産が孫にあたるニノとマリアンへ。老朽化しているキャバレーも再建するか、売って相続税を支払うか・・・ゲイのニノは会計士をやっているので損得勘定が速い。キャバレーで歌っているレア(エマニュエル・ベアール)を口説こうとするニッキ。そこへ現れるニノの母親でもある元妻アリス(ドヌーブ)が現れたり・・・

 ハリウッド作品だと家族再生の物語になるであろう設定。ところがさすがにフランス映画は一癖も二癖もある。ゲイである息子なんてサプライズでもなんでもなく、むしろ最も普通だったりするところがおかしい。

 一番の見せ場はエマニュエル・ベアール。ようやく口説き落としたニッキだったが、実はアメリカで活躍してた頃、寝たことがあったというのだ。「もう一度口説かれたくて・・・」などと言う彼女がとてもキュートだったりする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0ミスター&ミスいじっぱり

TKNさん
2014年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

人が死ぬと、その人の人生は終わるけど残された人たちの人生は動きだすことにもなるんだな、そうか、なるほど...
といった感じでございました.
華やかな世界、ビジュアル勝負の世界、そんな世界の中で生きる人たちが本当に大事にしているのは実は自分自身であるのかななんて思いました.
ちょっとわかる気もして、なんか他人事とは思えなかったです.

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
TKN
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る