沈黙の奪還

劇場公開日:

解説

スティーブン・セガール主演の“沈黙”シリーズ第12弾。セガール扮する元CIA捜査官が、さらわれた愛娘を救うために数々の敵に立ち向かうサスペンス・アクション。企業家として成功を収めた元CIA捜査官ジャック・フォスターは、娘のアマンダと共にルーマニアを訪れる。しかし到着した直後、アマンダが何者かによって連れ去られてしまう。その裏には、軍が極秘裏に開発していた細菌兵器を巡る巨大な陰謀が渦巻いていた……。

2006年製作/95分/アメリカ
原題:Shadow Man
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
劇場公開日:2007年1月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2006 Micro Fusion 2005-1 LLP. All Rights Reserved.

映画レビュー

1.5このオヤジ太りすぎ!

2015年3月23日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

どこが“奪還”なんだよ!
あ?そうか娘か!一番肝心なモノはどうでも良いのね(笑)
尤も原題は《黒幕》みたいな意味なんだろうけどね。
最早セガール映画にとっては最初にあった状況設定等は全く意味を成さない典型的な映画だった(苦笑)
スカスカな脚本に乗っ取っての「なんじゃそりゃ!?」と叫びたくなる銃撃戦の数々には溜め息も出ない。
とにかくアクションスターとして編集でただ誤魔化すしかない切れの悪い身のこなしは一体全体どうよ…。

【このオヤジ太りすぎ】

(2007年1月15日銀座シネパトス1)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
松井の天井直撃ホームラン

3.0海外のアクション寅さんシリーズ12弾。

2014年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

興奮

セガール作品はもうあまり目新しさは
限りなくないのだけれど、家族を
さらわれて、合気道で相手をぶちのめし、
カーアクション、ガンアクションの連続。
そして、悪は絶対に許さない。
この辺りは、水戸黄門みたいだな。
でもね、シリーズ化というなら
どちらかと言うと主人公独りで
敵に立ち向かうから寅さんシリーズの
方がイメージかな。

まあ、見て安心のワンパターンです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
としぱぱ

3.0沈黙!沈黙!セガールの前ではお黙り!!

2009年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

セガールさん、ルーマニアで大暴れ!!
今回の奪還は最高裁判官ではなく、娘!
それにしても、多い。
母が死んだ娘の父親と言う役・・・。ま、これもセガール映画だからか。
この作品においてもセガールさんの前で銃を構えてはいけない。
久々の合気道パンチや「気」を使った突きの前ではCIAもロシアンマフィアも、もちろん地元の警官なんかは一発で、ぶちのめされてしまう。
おお、まさに指先1つでダウン。
これは、これでセガール映画を踏襲している。

全体的にはサスペンスじみてはいるのだが、そんなにドキドキはしない。
淡々とレールを進むが如く進む。
最後にあっと驚く(?)人物が出てくるのだが、セガール拳の前では、何の意味もなかった・・・。

ラストのセガールの笑顔がたまらない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マロピ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る