劇場公開日 2006年12月1日

「脚本の良さ、クレーブの魅力」007 カジノ・ロワイヤル Gustav (グスタフ)さんの映画レビュー(感想・評価)

3.877
29%
54%
15%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5脚本の良さ、クレーブの魅力

Gustavさん
2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

6代目ジェームズ・ボンドにダニエル・クレーブで熱演。この人には親しみ易い人間味とユーモラスな資質があって、スパイ映画のヒーローに完璧に嵌るキャラクターではないのに、アクションシーンのタフな立ち回りの見事な身のこなしは、正しく現代に合ったボンドの理想型に見える。ヒロイン エバ・グリーンもまだ新人扱いの女優だが、大役を見事に演じている。悪役シッフルを演じるマッツ・ミケルセンの冷酷無比な表情がいい。アクションの見せ場を絶やさず2時間20分飽きさせない映画作り。脚本の良さが際立つ007。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
「007 カジノ・ロワイヤル」のレビューを書く 「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー一覧へ(全77件)
「007 カジノ・ロワイヤル」の作品トップへ