地下鉄(メトロ)に乗って

劇場公開日

3%
43%
39%
13%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気作家・浅田次郎の同名小説を堤真一主演で映画化。営業マンの長谷部真次は、仕事帰りの地下鉄の駅で、父が倒れたとの連絡を受ける。気難しく威圧的な父とは高校卒業と同時に絶縁しており、長い間顔を合わせていなかった。地下道を歩きながら、父とケンカして家を飛び出したまま帰らぬ人となった兄を思い出す真次。そんな彼の前を、亡き兄に似た人影が横切る。後を追って地上へ出ると、そこは兄が死んだ昭和39年の東京だった……。

2006年製作/121分/日本
配給:ギャガ・コミュニケーションズ,松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2006 METRO ASSOCIATES

映画レビュー

3.5久しぶり観ました。

seiyoさん
2022年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

大沢たかおさんの作品を何か観たいなぁと思い、この作品を観ました。昔観ましたが、けっこう好きなタイプだったのを覚えていました。今回も、良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
seiyo

4.0本当のテーマは「罪と罰」だと思います

あき240さん
2022年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

お彼岸に観るに相応しい作品でした

1988年大林宣彦監督の「異人たちとの夏」に少し似ています
地下鉄の出口の外は過去の時代という設定は同じですし、両親の若い頃に出会う物語も同じです

なぜそんなあり得ないことが起こるのか
その理由を「異人たちとの夏」ではオカルトに求めています
しかし本作では単に不思議な出来事だけに留めています

半蔵門線永田町駅のホームでであった不思議な老人の言うように、地下鉄は乗り換えればどこへでも行けます

本作のように、時も同じように乗り換え次第で好きな時代に行けたなら素敵だなあというていどのことです

新中野駅は1964年
新橋は1944年頃
満州は1945年8月
有楽町は1946年頃
バーアムールでのことは1964年のあの夜のこと

では現在は?
浅田次郎の原作小説が刊行された1994年のことのようです

死んだ長男昭一は1964年当時高校生くらいだから1946年頃の生まれ
真次は中学生ぐらいだったから1950年頃の生まれでしょう
三男の圭三は小学校高学年に見えたので1953年頃の生まれでしょう

となると1994年の現在真次は44歳、圭三は41歳
みち子は本当なら1964年生まれで30歳
真次の父アムールこと小沼佐吉は1944年頃20歳とすれば70歳となります

本作はタイムスリップもののSF作品?
1964年、戦争中や敗戦後の混乱期の東京へのノスタルジーを描く作品?

違うと思います
そんなことは小道具に過ぎないのです
単に不思議なこと
いやすべては地下鉄に揺られて居眠りした主人公の白昼夢に過ぎないのかもしれません
だからタイムスリップの原理だとか、整合性だとかそんなことはどうでもよいことなのだと思います

タイムスリップして父の実像を知り、死の間際にある父親と和解する物語
確かにそうです

しかし、それも違うのだと思います
本当のテーマは別にあります

それは「罪と罰」です

ドストエフスキーの名作小説
序盤に主人公の勤める小さな会社の社長が仕事中にこの小説を読んでいます
罪を犯したものは、必ず罰を受けるとの台詞があります
そして最後に表紙が写されます

これがこの物語のテーマであるという意味であったのだと思います

一体誰が罪を犯し罰を受けたのでしょうか?
それは主人公真次とその愛人みち子です

二人は会社の同僚であり不倫関係です
真次には妻があり、小学生の息子と実の母と暮らしている家庭があるのにも関わらず、みち子の部屋に泊まって朝帰りして平気な男です
妻には適当なことをいい誤魔化していますが、妻はとうに感づいているようです
普通なら精神に異常をきたしてもおかしくないのに、努力して気丈に振る舞っています
しかしそれがいつまでもつのか危ういものを感じます

愛人のみち子は主人公から貰った指輪を右手の薬指にはめて常に意識しています
左手に本当は嵌めたくて仕方ないのですが、叶わぬことであると諦めようとしているのです
しかし別れるつもりはないのです

物語の終盤で、この二人が実は異母兄妹であったことがわかります

不倫、しかも近親相姦
二重の禁断の恋であったのです
恐るべき罪です

罪を犯したならば、罰を受ける

クライマックスのバーアムールのシーン
お時の娘がみち子であることが何を意味するか
主人公の真次はよく飲み込めていません
しかしみちこは理解していました
だから自らを生まれて来ないようにしたのです

自らすすんで罰を受けたのです
自らを文字通り消し去ることで罪を購ったのです

そして主人公もまた、みち子を失う痛みを負います
しかし、それは悪夢を見たようなことで、会社にでれみれば別の女性がみち子の机で仕事をしているのです
営業にでて地下鉄に乗って居眠りすればすべては白昼夢だったように思えてくるのです

ふとスーツのポケットに彼女の指輪があることに気がつきます
みち子が自分を消そうと決意したとき、彼のポケットにしのばせたものです

それは経験したことが事実である証拠です
しかし、それでも彼はそれが本当にあったことなのだとは確信を持てない表情をしているのです
もはやあれほど愛した女性のことも白昼夢の中のこととして忘れつつあったのです

なんという大きな罰なのでしょう
母はかって愛した人の遺影を半世紀も仏壇にいれ記憶のなかで愛することを許されたのに

息子とキャッチボールをする優しい家庭人の主人公のシーンとはそういう意味です
父にして欲しかったことを自分の息子ににして罪を償っているのです

まともになった?
罪を償い更正しようとしているともいえます
不倫の愛なぞ無かったことにさせられてみち子を愛した記憶さえ奪われたのです
それで罪を償ったのです

しかしそれで妻は救われたのでしょうか?
これから彼は妻からの罰を受けるのであろうと思います

兄が死んだ本当の理由
母と父の本当の関係
兄の出生の秘密
そんなことを何もしらず、知ろうともせず
籍を抜いて気ままに生きる
それもまた罪です

その罰は和解の機会もなく死に目に間に合ったのみで父はこの世を去ってしまうことです

白昼夢の中で、大声でいったようにあなたの息子であったことを誇りに思いますとは直接本人に言うことはもう許されず、お墓か仏壇にしか言えなくなったのです
不倫と近親相姦の罰だけでなく、これもまた第二の罰だったということです

彼は母と弟と共に墓参りをして手を合わせる事しかできない罰がもう一つ与えられたのです
主人公はきっとこれからお彼岸やお盆には必ずお墓に永遠に詫び後悔し続けるのです

父の病床の枕元にはアムールにあげた真次の腕時計がありました

地下鉄は乗り換えればどこへでも行けます

でも永田町駅で半蔵門線から銀座線に乗り換えようとすれば地下連絡通路を延々と赤坂見附駅まで歩いて5分かかります

かと思えば、赤坂見附駅みたいに銀座線と丸ノ内線が同一ホームの反対側であっという間に乗り換えできるところもあります

人生の別れ道は乗り換えのようなものです
永田町のように乗り換えし辛い駅もあれば、簡単に済む赤坂見附駅もあります
永田町駅でも有楽町線ならすぐ乗り換え出来ます

真次はやっと罪を受けたことで
人生の路線を乗り換えできるのかもしれません
だから永田町駅だったのです
銀座線に乗り換えするには大変だったのです

東京の地下鉄の路線図はスパゲティのように複雑に絡まりあっています
人生の路線図もきっとそんな風に複雑怪奇なのでしょう

私達は罪を犯さずに罰を受けることもなく、人生を乗り換えて人生の目的の駅に着くことはできるのでしょうか?
でも路線図はどこにもありません
スマホの乗換案内アプリのように、どこで何に乗ればいいのか調べる手段もないのです

気がつけば、自分が子供の頃の両親よりも年上になっているのです

かって銀座線や丸ノ内線はポイントの辺りに差し掛かると車内照明が消えて、非常灯だけの暗くなる瞬間がありました
本作でもそのシーンが再現されています
この物語は長い人生の中の一瞬の非常灯だったのかもしれません

みち子役の岡本綾は素晴らしい存在感を示しています
彼女が2007年以降芸能活動を中止してしまったことは日本映画界にとって大変な損失だったと思います
なんとか復帰なさって頂きたいものです

音楽は小林武史、主題歌はSalyu 「プラットホーム」はなかなか良い曲です

本作とは関係ありませんが、2018年にJUJUのシングル、作詞松尾潔、作曲小林武史の「メトロ」という曲があります
これも素晴らしい曲です
あわせてお聴き下さい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

2.5時代設定が?

ミカさん
2021年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

3.5親父に似てる。

2021年4月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

堤真一や大沢たかおが若~い。
地下鉄(メトロ)に乗って過去に行く。若い父に会う。どんな人だったのか分かった。自分と重なる所があった。嫌いな父でも血が繋がっているから何処か父と似ているところがある。
自分が生まれる前、父の過去を知り父を受け入れることができた。父が子どもを愛していた事を知った。

まるで。(和製)バック.トゥ.ザ.フューチャーです。 過去変えちゃっているけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しろくろぱんだ
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る