ポーラX

劇場公開日

26%
40%
26%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ポンヌフの恋人」のレオス・カラックスが、「白鯨」で知られるアメリカ人作家ハーマン・メルビルの「ピエール」を映画化。才能に溢れた小説家ピエールは、豊かなノルマンディの自然に囲まれた城に住み、美しい婚約者を持つ青年。しかし、ある日姉と名乗る長い黒髪のジプシー女に惹かれた彼は、すべてを失っていくのだった。出演は、ギョーム・ドパルデュー、カトリーヌ・ドヌーブ、カテリーナ・ゴルベワほか。

1999年製作/135分/フランス・ドイツ・スイス・日本合作
原題:Pola X

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 カンヌ国際映画祭(1999年)

出品

コンペティション部門
出品作品 レオス・カラックス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5レオス・カラックスにとってのla femme fatale としてのカテリーナ・ゴルべワのための映画

2022年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
けろ教授

4.5世界はコインの裏表 相変わらずの難解映画

momoさん
2022年4月11日
Androidアプリから投稿

引き付けられる映像美はさすがカラックスだなぁ~。内容は難解、何度も見て漸くこう言う事なのかなぁ~と思いつつ社会の構造ってコインの裏表に感じられた。深く考えずに生活していたら何不自由なく生きられたのに・・でも本当の自分は何なのか・・核心を追及する事で破滅に向かう。うーん難しい。でもカラックス作品に魅力された事でこれまでの自分の思考が破滅している。結構悪くない。好きな作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
momo

4.0映像芸術としてのカラックス映画

2022年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ユーロスペース渋谷のカラックス監督特集上映にて鑑賞。
寡作のカラックス監督作品群で、長編の未見作は本作を残すだけであった。

本作は、イメージ溢れる映像に圧倒されながら、大音響の音楽にも叩きつけられる感を受けた。
ただ、全体的に暗い場面が極端に暗かったのと、白いスクリーンに白文字スーパーインポーズ(日本語字幕)が読みづらかったのは、ちょっと惜しかった。
そもそも、2時間14分の物語展開を理解しづらいのは、レオス・カラックス監督作品だから仕方ない……と諦めるしかない(笑)

覆面作家として出版した本が売れた小説家ピエール(ギョーム・ドパルデュー)は、綺麗な母親(カトリーヌ・ドヌーヴ)と広い屋敷に暮らしていたが、謎の黒髪女性イザベル(カテリーナ・ゴルベア)が現れる。
イザベルは「姉」…という設定で、ピエールとは「姉 弟」と呼び合うのだが、その後、真っ暗な中で交わっちゃうんだけど、「いいのかなぁ…?」とか「本当は血縁じゃないのかも…?」などと謎の関係。
カトリーヌ・ドヌーヴも浴槽内でヌードを披露しているが、こういう雰囲気は前半ぐらいまで。
中盤以降は、ピエールが満ち足りた生活を捨てて、イザベルと共にさすらいながら、なんか暗闇に落ちて行くような雰囲気が漂いながら、破滅への道を……といった感じ。

特筆すべきは、女が服を脱ごうとしている途中でピエールが服の裏側からキスするシーン、そして見事なイメージ映像の“血の川”を二人が流される場面はレオス・カラックス監督ならではかも知れない。

物語の細部までを理解するのは難しかったが、映像芸術としてのカラックス映画は、やはり凄いものがある!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
たいちぃ

3.0世界の箍が外れる

2022年3月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

難しい

≪WEMEETLEOSCARAX!≫

落ちたメイクが黒い涙にNortonで疾走するカトリーヌ・ドヌーヴが圧巻で、火花を散らし回転するバイクに衝撃的な末路をイメージするしか無い、唐突にオーケストラみたいに大所帯で奏でられるドラムやギターの音が破壊的で迫力満点、序盤に映し出される空爆の映像と夢であろう血の河で溺れる地獄絵図??

一人の女性に愛されながら違う女性に惹かれ、また同時に愛そうとしているようで実らない関係性、身勝手ながら苦悩して葛藤する男女の三角関係を一貫して描いているように思うレオス・カラックス、強い愛情が歪み切って変態的なものを感じる。

ハーマン・メルヴィル原作の仏語訳から頭文字を取ったPolaに、本作で使われた10番目の草稿を示すローマ数字Xを加えて『ポーラX』ってタイトル、映画の内容と同様に難しさが際立つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る