天国の日々

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

本作の後「シン・レッド・ライン」(1998)まで20年にわたり沈黙する巨匠テレンス・マリックの監督第2作。79年・第32回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。1910年代、青年ビリーと妹リンダ、そしてビリーの恋人アビーはテキサスの農場に流れ着き、そこで働き始める。やがてビリーの妹と偽っていたアビーに惹かれる農場主のチャックが病気で余命幾ばくもないことが発覚。ビリーはアビーをチャックと結婚させ、そのお陰で厚遇を受けることに。しかしチャックは妻とビリーの関係を疑い……。彼らの葛藤と皮肉な運命を静謐な演出で綴る。名手ネストール・アルメンドロスの映像美は圧巻。2011年8月、特集上映「ZIGGY FILMS '70s '70年代アメリカ映画伝説 第2弾」でリバイバル。

1978年製作/94分/アメリカ
原題:Days of Heaven
配給:日本スカイウェイ、アダンソニア
日本初公開:1983年5月

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 カンヌ国際映画祭(1979年)

受賞

コンペティション部門
監督賞 テレンス・マリック

出品

コンペティション部門
出品作品 テレンス・マリック

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 テレンス・マリック
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1978 Paramount Pictures corporation

映画レビュー

3.0広大無辺の解放感

2022年12月11日
iPhoneアプリから投稿

日本の田園風景を思い浮かべてみる。田んぼが段々に連なって、その果てに行き止まりのように巨大な山が座臥している。そこにはリアルな密度はあっても、解放感はない。解放感、解放感、解放感。こいつはけっこう重要なものだ。多くの人間がなぜ映画を観に来るかって、それは延々と繰り返される日常のサイクルの中にスカッとするような解放感の穴を穿ってやりたいからだ。そう考えてみたとき、アメリカの広大無辺な牧草風景が、視覚という回路を通じて受け手にいかほど絶大な解放感をもたらすものであるかがわかる。あとはそれをカメラによってうまく切り取ることさえできれば、それだけで映画は完成する。そして本作はそうした「切り取り」作業がほとんど完全なレベルで成功した作品だといえる。穏やかな風に揺れる麦、悠々とせせらぐ川、オレンジ色の夕日に踊る黒いシルエット。アメリカにはこんな美しい風景があるのかとひたすら圧倒される。こうした美しい風景ショットに比して物語があまりにも単調で緊張を欠いているのは、おそらく本作においては物語が風景を次のコマに進めるためのスイッチ程度の意味しか持っていないからだろう。物語ではなく風景に没入する映画。私がいまいち本作に入り込めなかったのも、おそらくiPhoneの小さな画面で鑑賞したからだと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

3.5なぜ『天国の日々』?

2022年4月11日
Androidアプリから投稿

2回目の鑑賞。

一度目に観たときは、映し出される自然がきれい、麦畑、それを囲む風景、そして、そこで汗水流して労働する人間も、メチャきれい‥と思った。まぁ、ストーリーは、けっこう面白い展開でドロドロ、と。

そして今回は、タイトルがとても気になる。なぜ『天国の日々』?原題でもそういう言葉のようだけれど。何が、どこが、『天国』なの?

ここでは自然が美しく描かれていて、人間の方はドロドロだから、『天国』は、自然の世界のこと?

でも『日々』とあるから、自然の中で生きている人間含む生物たち全体の営みのことなのかな。人間を含む美しい映像もあったから、そのようにも思える。
でも、人間はドロドロで善悪ぐちゃぐちゃで、奪わなくてもいい命まで奪い合う始末。これが『天国の日々』?もしかして、つまらないことをしている人間への皮肉をこめてこういう題になってる?

いやいや、人間のドロドロ劇など、自然に抱かれた世界ではこどものお遊びみたいな幸せなもので、例えば女の奪い合いのための戦いなんて、所詮は動物的な営みの一部だという見方はできるでしょう。あれこれ全部合わせて天国、と見ることはできそう。ラスト部分では女達がいやに逞しく明るいし。

?うーん。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
雨音

4.0【”一時だけの偽りの天国の日々”ミレーの”落穂拾い”の様な美しき田園風景を背景に描き出される哀しき人間模様。】

2022年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 20世紀初頭のアメリカ。
  リンダ(リンダ・マンズ:今作のナレーターでもある。)は兄のビル(リチャード・ギア)、その恋人アビー(ブリック・アダムス)と3人でシカゴから放浪の旅に出る。
  ビルとアビーが兄妹だと偽り、テキサスの農場で麦刈りの仕事を得て、住み込みで働き始める3人。
  やがて、若い農場主チャック(サム・シェパード)がアビーに想いを寄せていることを知ったビリーは…。ー

◆感想

 ・淡い光で広大な自然の風景を捉えたノスタルジー的な映像の美しさが、この作品の趣を高めている。

 ・ビルとアビーが兄妹だと偽り、テキサスの農場で麦刈りの仕事を得て、住み込みで働き始める事から始まる、若い農場主チャックに見初められたアビー。
  そして、一時だけの偽りの天国の様な日々。

 ・けれども、そんな日々は長くは続くかなく・・。

<テレンス・マリック監督の映画は2019年の「名もなき生涯」以降、公開されていない。
 彼ならではの、自然光を使った美しき自然を背景にした映画を、再び映画館の大スクリーンで観たいモノである。>

コメントする (0件)
共感した! 1件)
NOBU

4.5何か不思議な空気に包まれる映画、見終わった後夢を見た様な感覚に陥る。

2019年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 個人的に映画の定義を教えてもらった作品。物語としてはそこまで目新しいものではないと思う。つまらない訳ではもちろんないが、冷静に考えるとどこかの文学でありそうな話だと思う。しかし映画というのは映像でストーリーテリングを行う芸術。

 フィルムを一枚一枚切り抜いても作品になる様な完璧な絵作りは、ただ綺麗な画というだけではなく、物語の表情、人物の感情をテレパシーの様に伝えてくる。もちろん役者陣の演技の素晴らしさもある。とても人間的な感情を静かに演じ、愛の複雑さを上手く伝えていた。

 今思えば、特に人物達が喋っていた印象はない、ただ何が起きて、何が伝わってきたか、人物達がどう感じ取ったのかは鮮明に記憶に残る。死ぬ前に思い出しそうなとても長い悲しい夢を見た感覚に陥った。映画とは映像によって何か言葉にならないものを伝える。そう教えてもらった作品だった。

 誰かに観て欲しいという映画でもない。自分の中でずっと大切にしたくなる映画。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
MOTTO
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る