ザ・シューター 極大射程 インタビュー: マーク・ウォールバーグ インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・シューター 極大射程」 > インタビュー > マーク・ウォールバーグ インタビュー
メニュー

ザ・シューター 極大射程

劇場公開日 2007年6月1日
2007年6月1日更新

「ディパーテッド」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマーク・ウォールバーグの最新作が早くもやってきた。「トレーニング・デイ」のアントワン・フークワ監督が、スティーブン・ハンター原作のベストセラーを映画化した「ザ・シューター/極大射程」で、合衆国政府の陰謀に巻き込まれ、生き抜くために孤軍奮闘して戦うことになる凄腕の狙撃手ボブ・リー・スワガーをクールに演じたウォールバーグに話を聞いた。(佐藤睦雄)

マーク・ウォールバーグ インタビュー
「ブートキャンプで身体をシェイプアップさせたんだ」

画像1 マーク・ウォールバーグ

――「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシと今回のアントワン・フークワ監督。演出上で最も違う点は何ですか?

「たぶんNGのレベルだね。マーティ(スコセッシ)の撮影はリラックスしてるんだが刺激的で、求めるNGレベルがとても高い。セットで彼とよく話し合ったが、“ドリーショットみたいに動いて、首を右へパンね”みたいに、映画的に全部話すんだよね。それに褒め上手なんだ。撮影も、情熱的な彼のしゃべり方と同じさ。スタッフは撮影が長くなっても、なかなか撮影をやめたくないという風なんだ(笑)。アントワンの場合はもっとキッチリとしているので、スムーズに撮影は進んだ。その現場では過去にマーティと一緒の仕事をしたアントワン(『ギャング・オブ・ニューヨーク』のリライトで参加)と彼の話で盛り上がったよ。いずれにしても2人とも、映画を深く愛しているのは同じだね」

――左利きであるあなたが、たいていは右利き用の軍用仕様の銃器を使ったことは大変じゃありませんでした?

「たしかに基本的には、すべての銃器は右利き用なので、引き金を引く時かな、ちょっと違和感があった。ただ、それよりも大変だったのは銃器がめちゃくちゃ重かったことだね。(銃を構える時に)バランスを取るのがとても難しかった。スナイパーとしての訓練がとても役立ったんだろうね」

――今、日本では“ブートキャンプ”エクササイズが流行っているんですが、あれをやったんですか?

軍隊式訓練に参加して役作り 軍隊式訓練に参加して役作り

「流行っているのかい? 実際はもっとハードさ。撮影前にちょっと体重がオーバー気味だったので、(軍隊が行う)ブートキャンプに参加して身体をシェイプさせた。訓練はもちろんだが、兵士たちとの会話が演技に入る前の精神面の準備にはとても有益だった。スナイパーとしての訓練で、射撃の腕前はかなり上達して、800メートル先の的を撃てるようになった。訓練して気づいたんだが、スナイパーは使う筋肉が違うんだね。引き金に手をかけた瞬間、全身に緊張が張り詰める。いい訓練になったよ」

――日本には劇画のキャラクターで、ゴルゴ13という凄腕スナイパーがいるんですが、その漫画を読んだことはありますか?

「ない。今度読んでみたいな。そいつはボブ・スワガーみたいなスナイパーなんだろう? ぼくもかなりの腕前になったが(笑)、今は自動的に標的を定めた(人間ではない)マシンが2000メートル先だって狙える、恐ろしい時代になったもんだ」

――孤軍奮闘するあなたを助けるのがFBIのマイケル・ペーニャ。彼とは息もピッタリですね。

マイケル・ペーニャ(左)とのコンビがいい マイケル・ペーニャ(左)とのコンビがいい

「マイクはとても頭が良くて、常に現場を和ませてくれた。彼とは意気投合したので、いい化学反応が起こせたと思う」

――ところで、「ディパーテッド」に続いて「The Fighter」(ダーレン・アロノフスキー監督予定)で、ちょっとお顔の似てるマット・デイモンと共演しますね。

「ああ、たぶんね。ボストンのヒーローになるボクサーの兄弟の話だ。公開は2年ぐらい先のことだけど」

――デイモンの“ジェイソン・ボーン”とあなたの“ボブ・スワガー”が戦ったら、どっちが勝つと思いますか?

「もちろんスワガーさ。遠くから彼を1発撃って勝負ありだよ。第一、もう勝負付けは済んでいる。『ディパーテッド』のラストでマットに1発お見舞いしているものね(笑)」

関連コンテンツ

特集

「このミス」はヒット映画原作の宝庫!?
特集

スティーブン・ハンターの原作が、宝島社「このミステリーがすごい!」00年度(対象作品は99年度発表)の海外小説部門1位に輝いている「ザ・シューター/極大射程」。実は「このミス」に選ばれている小説には、映画化作品が多い。小説と映画の違い...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“B級ヒーロー”に徹したマーク・ウォールバーグがいい
映画評論

マーク・ウォールバーグ演じるボブ・リー・スワガーのキャラクターがいい。元海兵隊の特殊部隊の狙撃手で、腕前は「ゴルゴ13」級。しかも“生身の人間”っぽいサバイバル術も身につけている。「スリー・キングス」→「ミニミニ大作戦」→「ディパーテ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全31件)
  • 面白い。 アントワーン・フークア監督作は重厚で観やすい、僕にとっはとても良いバランスで作られてて期待を裏切らない。 10年前に観た時はフークア作品と知らずに「面白いらしい」と噂の元、マーク・ウォルバーグが... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2018年4月17日 09:28  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • スナイパー無双 よくある凄腕の兵士が次々と敵を倒していく作品だが主人公がスナイパーという点がこの作品のポイント。 他の作品と違いスナイパーならではの独特な戦術が面白い。 ストーリーも王道なので気軽に見れる。 ...続きを読む

    pose0101 pose0101さん  2018年4月4日 14:54  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すごいおもしろい。こういう主人公が嵌められた状況で助けてくれる人物... すごいおもしろい。こういう主人公が嵌められた状況で助けてくれる人物は本当に良さそうな人がキャスティングされますが、ケイト・マーラとマイケル・ペーニャが良かった。公開はずっとあとだけどオデッセイの... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2017年12月18日 18:16  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー のみとり侍 阿部寛&鶴橋康夫監督、中大の先輩後輩が出会いから30年で映画初タッグ
  • インタビュー モリのいる場所 「いつでもアマチュア精神で」山崎努の俳優哲学
  • インタビュー 孤狼の血 役所広司×松坂桃李「孤狼の血」芝居への“燃料”となった互いの表情
インタビューの一覧を見る
Jobnavi