劇場公開日 2006年1月14日

ホテル・ルワンダのレビュー・感想・評価

3.934
30%
55%
13%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全34件中、1~20件目を表示

4.0国際協力について考えさせられる作品

2021年1月21日
PCから投稿

こんにちは、キムマッスル尚美(なおみ)さんです。

この作品はルワンダの内戦による大量虐殺を描いた映画です。

ホテルの副支配人が1200人もの命を救う、実話をもとにしたストーリー。

虐殺が起こり始めた1994年なんてつい最近のことです。

映画の残虐なシーンは遠くから撮っているので、映画の迫力としては欠けていると言えるかもしれません。
しかし、目を背けることなく全体を通して最後まで観てもらいたいという監督の強い意志を感じました。

日本ではあまり良く知られていない問題をこの作品で知ることができます、

平和な日本に住んでいると日本の当たり前が世界の当たり前と勘違いをしている自分がいました。

この作品には、虐殺で生き残られた多くのルワンダの方々がエキストラとして出演されていると聞きました。

その当時ことを語ること、過去体験したような場面に自らを投じる事・・・どれも想像を絶する辛さの筈です。
それでも事実を世界に伝えたいという彼ら、彼女らの思いを大切にし改めて、今の日本の平和がすべてではなく、今でのこのような現実が世界であることを1人でも多くの方が知ること、国際協力について、いち日本人である自分が何ができるのか?について大きく考えさせられました。

私自身いまの自分でもできることに目を向け行動していくと決めました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キム・マッスル尚美(なおみ)さん

4.0平和な国に生まれたことが、改めて幸せに感じられた

UNEmiさん
2021年1月9日
PCから投稿

私には、やっぱり、どうしても、民族対立の核の部分がわからない。
見た目では全く区別のつかない、昨日まで仲良く暮らしていた二つの民族が、どうしてある日突然殺しあったりするのか。
当事者以外がそれを理解できなきゃ、この問題は解決できないのだろうけど、出来ることなら理解したくないと思ってしまった。

そんな民族対立の構造はおいておいて、主人公が危機的状況においてもホテルマンであろうとしたことに感動した。

「砂漠のオアシス」であること。
それが究極のサービスなんだろうなぁ。
機転の利く頭の良さと、人を思いやる心と。
やっぱりサービスマンって素敵だね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

3.0ルワンダ大虐殺の悲劇

odeonzaさん
2020年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0鉈がこわい

まるさん
2020年7月17日
Androidアプリから投稿

笑いながら鉈を振り回すとかちょっと信じられないけど、争いって人を変えてしまうんだろうな。

絶望と希望の繰り返しの映画だった。思っていたよりも残虐シーンが少なくて観やすく、受け入れることができた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まる

4.0ー実話ー

2020年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

一つの地域で紛争が始まり殺害が広がっていく。
なぜ殺すと発想になってしまったのか、他に考えはたくさんあるのに、勝手に短い人生にされたたくさんの犠牲者の人がいたたまれない。

主人公の人も追い込まれてるシーンが何回もあり、ハラハラドキドキで引き込まれた。

殺した側は、殺すことに、殺したことに罪悪感はないのか気になる。
人を殺すために生まれてきたはずじゃないのに…。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
x_x1020yam

3.5何故このような虐殺が起こったのか。

桜3さん
2020年1月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

凄い映画だった。

何故このような虐殺が起こったのか、そこがわかる内容があったらな~!と思った。

こんなに簡単に人を殺せる理由を知りたい。

ホアキン目当てで観たので、ちょっとしか出てなくて残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桜3

4.5見よう見ようと思って

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見よう見ようと思ってずっと手付かずだった作品。
感動作という事前インプットがあると、自分なりの予想ができてしまって、まあ今度でいっか、となりやすい。それが、まあ、この作品の場合は何年もの期間それが続いたという。。

良作ですね。
今見ても、この題材が特異だなと思う点は、これ対立の構図が黒人対黒人で、しかもアフリカの国ということ。よく題材として取り上げられる黒人差別問題とは、そのあたりが違うしより複雑でもある。
複雑というのが、眼前の対立が黒人対黒人の民族間のこととはいえ、やはりその向こう側に白人(あるいは欧米)のアフリカ黒人に対する視線があるというところ。大量虐殺が行なわれていることを知りながら、アクションに移さない。内政干渉うんたらあるがその哀しさをテーマとして含んでいるように思われる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0絶望に立ち向かった英雄

yccnさん
2019年9月25日
PCから投稿

来年から青年海外協力隊でルワンダに行くことになり、
今まで見ることを避けてきたこの映画を手に取った。

ルワンダ大虐殺。それは今から25年ほど前、つい最近の出来事である。
この虐殺の犠牲者は数百万人とも言われ、老若男女見境なく殺された。
この事件の何より怖いところは、加害者のほとんどが民兵であるということだ。
昨日まで立ち話をしていた隣人が、ナタを持って殺しにやってくる。
そんなありえない出来事が、町中で起こっていたのだ。

オーナーの男は最初から市民ををホテルに匿い、
自分が国外避難できることになっても、戻ってホテルと多くの市民を守った。
この人の勇気と正義感は本当にすばらしいと思うし感動したが、
それ以上にこの虐殺の異常性、残虐さ、犠牲者の数が衝撃的だった。

ルワンダには、当時を記憶している生存者が多くいる。
一生消えることのない傷を負っている方もいるだろう。
私も協力隊員として、このことを常に胸に刻み、決して忘れてはいけないと思う。
日本人の中にはこれを知らない人もいるだろうが、絶対に見て欲しいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yccn

5.0どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?

kossyさん
2018年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 たまたま5月はジャン・レノ映画祭りとなりました。しかもエンドクレジットを凝視しても出てこない。ようやく観ることのできたホテル・ルワンダなのに、溢れ出る涙をこらえたいがためにジャン・レノのことばかり考えてしまいました。

 「アフリカのシンドラー」などという呼び名も正しいのかもしれませんけど、今ひとつピンときません。人の命を救いたいと願う気持ちには変わらないのですが、ポール(ドン・チードル)の取った行動は、ただ家族を救いたいという一念が四つ星ホテルのマネージャーという地位も絡めて徐々に心が変化していったもの。計算ずくではない、魂の叫びを感じ取れるものだったのです。しかも最初は政府軍の将軍への賄賂から始まったものであったり、様々な懐柔策、スパイ衛星といった嘘だったり、切羽詰った人間から生まれた機転の利いた判断だった。

 この映画の凄いところは、和平調停、大統領暗殺といった短期間の政変を上から見たまま描くのではなく、あくまでも一般市民からの視点に絞ったところにあるのではないでしょうか。外国人報道陣(ホアキン・フェニックス他)だって、ホテルから遠く離れたところまでは取材に出られないし、運良く撮ったスクープ映像にしても「怖いねと言いながら誰も助けに来ないさ」と現実と一線を引いてしまうマスメディアの弱さを露呈してしまう。こうして、現実にどのような悲惨な状況になっているかわからないリアルタイムの恐怖が客席にまで押し寄せてくるのです。

 映像面においても、暴徒化したフツ族民兵の狂気に満ちた形相。朝霧たちこめる道には死体の山。何より怖かったのは一つ10セントで中国から仕入れたという鉈の束だった。なぜ同じ国の人間がここまで対立しなければならないのか・・・悲しくなるほどの宿命にしても、過去の列強による分断があったことを忘れてはならないのかもしれない。国連軍による平和維持活動だけを見ると、大国による内政干渉がなかったようにも映るが、裏には大きな力が働いているものだ。

 難民に対して何も力になれない小市民さにもどかしくなるとともに、日本公開を応援する署名をしなかった自分を恥じてしまいます・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5フツ族とツチ族の民族間抗争

takuさん
2018年8月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

4.5責任を果たすということ

2018年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

パニックになっている状況で、ずっしり重い責任を果たす主人公。
面倒臭いから逃げて「どうしようもないんだ」とドヤ顔したり逆切れする人が9.9割だろう。
何故こんなに・・・
どうして。
それを分かろうとするのは難しい。

何かを抱える、守る。
そんなことを重くない感じで語っている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひぃちゃん

5.0直視できなかった

ももさん
2018年4月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もも

5.0考えて欲しい。

2017年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

この映画は、良い悪いで評価するのとは次元が違う存在価値がある。
それは、『歴史を記録し、伝えている』ということ。

悲しいかな、この悲劇について、日本ではあまり報道がされなかった。他のレビュアーが「知らなかった」と書いているのも当然だと思う。報道されなかった理由には色々な説があるけれども(本作の日本公開が危ぶまれた件も非常に違和感がある)、そんな事はどうでも良くて、大切なのは、この映画をみて、考える事だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

4.020年ちょっと前だけとは信じられない

2017年9月25日
iPhoneアプリから投稿

恥ずかしながらこれだけの人々が殺された大虐殺とは記憶がなかった
見かけだけでは区別のつかない人々がツチ族がフツ族日だけで殺し合うなんてちょっと理解を超えていた
少女がいたとされる殺さないで私ツチ族を辞めるからと言う言葉がなんとも心に刺さった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トッキー

5.0悲しいが歴史を知る上で見るべき

へまちさん
2017年4月18日
iPhoneアプリから投稿

ルワンダ大虐殺をテーマにした映画
歴史は詳しくないが、ただただ悲しい
映画には実際の大虐殺の本物の映像が使用されており、リアリティがすごい。
ぜひみてほしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
へまち

4.5信じられない

2017年3月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この話がたった20年程前のことであるというのは全く信じがたいことに思えました。多くの人が殺され、しかもその多くが軍ではなく武装した民兵によるものであるというのがさらに信じられないというか、信じたくない現実でした。

とても観ているのもしんどくなるような作品でしたが、目を反らしてはならないものだと思います。もっとこのことを知らないとけないなと思わされました。

印象的だったのはフツ族とツチ族が一緒で友人関係のシーンや国連の人が言った、「ニュースをみても怖いねと言うだけで夕食を続ける」という言葉でした。ほとんどの人がこの言葉のままで、思うだけならなにも変わらないんだと強く思わされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GOTR

4.5説明不要

yossanさん
2016年12月11日
iPhoneアプリから投稿

良作。エンディングの音楽がまた涙を誘う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yossan

4.5死の恐怖が伝わってくる

kuhhさん
2016年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

この事件を、本作を通じて初めて知った。こうして映画という形で事実を伝えてくれる意味は計り知れないと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kuhh

4.0重い映画

もりりさん
2016年5月28日
PCから投稿

泣ける

悲しい

理性と狂気、愛と平和、というテーマを強く感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり

3.5ルワンダのシンドラー

2016年5月8日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

ほんの数十年前、この内戦が二つの民族に与えた過酷な運命と影響が、目を疑いたくなる程に酷く恐ろしい。まず、そこを訴えてくる映画でした。

主人公はじめ、何気ない登場人物の演技が物凄くリアル。恐怖でいっぱいのなか一人、奮闘する主人公を観ていると心が傷んだ。

心理描写も生々しく、何より台詞が重く、のし掛かってくる映画。

個人的に一度観れば充分な程、伝わるものがあった映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃんた
「ホテル・ルワンダ」の作品トップへ