リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

劇場公開日

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
10%
42%
38%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

74年に起きたニクソン大統領暗殺未遂事件を踏まえて描く社会派ドラマ。オフィス機器のセールスマンである40代のサムは、売り上げが伸びず、妻にも家出されて、苦悩する日々を過ごす中で、ウォーターゲート事件の報道に接して、ニクソン大統領の暗殺を考えるようになる。製作に「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の監督アルフォンソ・キュアロンや、「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペインが参加しているのも話題。

2004年製作/96分/PG12/アメリカ
原題:The Assassination of Richard Nixon
配給:ワイズポリシー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0どーしてもタクシードライバーとかぶってしまう。で、それと比べると見...

2018年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どーしてもタクシードライバーとかぶってしまう。で、それと比べると見劣りしてしまう・・・

ちょっと退屈しちゃったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

1.0こういう映画の意義って本当にあるの!?

2008年7月30日

悲しい

怖い

ニクソン大統領の暗殺を企てた男の、孤独の悲しみと狂気を描いた作品。いちよう実話ベースらしい。

どこかマルクス主義チックの左よりの社会派作品で、某ミニシアター映画館の館主がえらい絶賛していたので、どんなものかと観てみました。社会制度の悪を浮き彫りにさせたい映画のようです。しかし、わたくしには社会よりも、この主人公が悪いとしか思えませんでした。何をするにしても、最終的には社会じゃなくて、それぞれの個人の責任の問題ではないでしょうか。こんな世の中や他人に責任なすりつける映画を観て、逆に自己責任取らなくなる人が増える方が怖い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あんゆ~る
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。