パーフェクト・ストーム : 映画評論・批評

パーフェクト・ストーム

劇場公開日 2000年7月29日
2000年8月1日更新 2000年7月29日より丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にてロードショー

ILM最高の仕事と海の男たちのドラマに酔う

画像1 (C)2000 Warner Bros. All rights reserved.

大自然のまえで、いかに人間は無力か──。確かにそれを描いていないわけではない。デジタルを駆使して作られた、荒れ狂う海のまにまに見え隠れする漁船やヨット、そのちっぽけな姿を見せつけられれば、人間なんて所詮、それくらいの存在なんだと思ってもしまう。だが、この映画が教えてくれるのは、それよりなにより、かなうはずのない大自然に、真っ向から立ち向かう男たちの勇気であり意地なのである。

その漁船の男たちは決して屈しない。つぎからつぎへと襲ってくる大波に、掛け声とともに向かってゆく。その表情は精悍で、まるで敵と対峙する戦士のようだ。一方、ヘリでかけつける救援隊の男たちは、何のためらいもなく嵐の海へと飛び込み、ヨットから投げ出された男女を助け出す。同僚が海に呑み込まれれば、自らの命をかけて救い出そうとする。ちっぽけな存在の彼らがその瞬間、大きく見えるのだ。

これは実際に起きた悲劇を基にしている。当然、多くの命が海に消えて行く。しかし、見た後の印象は、驚くほど爽やかなのだ。それは彼らの勇気を讚えているから。つまり、男のドラマとしても見応えあるということだ。

(渡辺麻紀)

関連コンテンツ

特集

イントロダクション
特集

スクリーン狭しと荒れ狂う“完璧な嵐”の映像は、もちろん驚嘆に値する。今やハリウッドの重要なインフラであるILMが作り上げたCGIは、夏バテの身体を十分に冷やしてくれる。だが、涼しさとともに、ちょっとした船酔い気分を覚える人もいるだろう...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全9件)
  • 映画館での迫力  この作品はTVで見ると、かなりしょぼいです。最初に映画館で観たので、大波のCG映像の迫力に感激したことを覚えています。TVで見るときは、男の友情ってところに注目です。  サリーがらみのシーン... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月11日 18:16  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • おもしろくない 漁船が大きな嵐に巻き込まれる話。 おもしろくない。最初から最後まで嵐のシーンばかり。台風のニュースで見たような映像が延々と続く。もっとメリハリをつけるとか、できなかったものだろうか。そもそも、... ...続きを読む

    Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん  2018年3月8日 19:31  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • DVD108円ゲットシリーズ。夏は海、海と言ったら嵐ですよね(なん... DVD108円ゲットシリーズ。夏は海、海と言ったら嵐ですよね(なんでやねん) 散々な評価ですね、この作品。おそらく「共感できない」というのが最大の理由なのだろう。 しょうがないでしょ、これ実話な... ...続きを読む

    はむひろみ はむひろみさん  2017年8月21日 20:42  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報