劇場公開日 2004年12月18日

マイ・ボディガードのレビュー・感想・評価

3.732
13%
67%
18%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全32件中、1~20件目を表示

4.0よし、皆殺そう

2021年2月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

悲しい

ピタとクリーシーの繋がりがじわりと強固になったタイミングで誘拐され、逃げろと言われたピタが撃ち倒されたクリーシーにすがり付いたシーンは泣けてきた。

拐われたピタを想うと、誘拐に関わったもの、利益を得たもの皆殺そうと言うのは理解できる。

だが真実が暴き出される過程で、組織と警察、家族に諸々の事情が出てくると呆れるやら、悲しいやら…。

腐敗した警察と繋がる組織、娘の父親まで誘拐に関わっているのだ(誘拐保険あり)。ただ娘の母親も拐われるまで自分が一番だったと言うような母親なので母親がが父親を罵る姿に「ちょっと今更…」みたいな気持ちも湧いた。
クリーシーが命懸けで組織に報復をしていく過程はソコソコ気持ち良いのだが、死んだと思っていたペタの生存が浮かんでからは、とっくにハッピーエンドがぶっ飛んでいるのに、ペタが戻ってきても悲しいものしか想像出来ないのはツラい。

しかし、ラストに目隠しを外したピタが「クリーシィ~~!!」と叫んだら、も~目から汁が出るわ。

ただ、クリーシーのラストやボイスの最後もあっさりと終わった為、やや物足りなさも残った。

当時レンタル開始した時に観ていたが今回、地上波で放送されたので観直した。子役のダコタファニングとデンゼルワシントンは演技達者ぶりはさすがの一言。
もう、ダコタファニングはおっきくなってしまったので、子役なんて言えないけど、当時は輝いてた。

それにしてもメキシコとかコロンビアとかホントに怖いなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

3.5好きなタイプの映画でした

carlosさん
2021年2月21日
iPhoneアプリから投稿

好きなタイプの映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
carlos

3.5子役としてのダコタ・ファニングは正に天才

Iwarenkonさん
2021年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニング、クリストファー・ウォーケンまで投入してキャストは好みだし、良いストーリーだと思う。
ただ、エンディングはそうなのかぁ…個人的には、もうひとスパイス欲しい感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

3.0内容はとても良いのに・・・

おじさん
2020年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

内容はとても良いのに、
チカチカと切り替わる映像編集の多用にうんざり。
とにかく観難い観難い!監督のセンスのなさ!
これがカッコいいとでも思ってるのかね??

監督のトニー・スコットって、これに限らず映像面で難点が多い。
とにかくアップを多用する監督で、
本来画面が大きく感じるシネスコ・サイズが、とても狭く感じる!
顔面の上下が観切れてしまってるという・・・(-_-;)

これ他の監督が撮っていたら傑作になったのに・・・
兄のリドリー・スコットとか。
内容が良いだけに、とても残念!(>_<)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
おじ

3.5心のつながり

Umiさん
2020年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Umi

2.5展開はだいたい読めた。予想通りだった。 情け容赦なく悪人をやってく...

2020年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

展開はだいたい読めた。予想通りだった。
情け容赦なく悪人をやってくところが綺麗事ではなくスカっとした。
主役が無敵ではないところもリアルで良い。
特段面白いというわけでもなくつまらないわけでもない。
普通に観られる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
かぼはる

4.0面白い

2020年8月12日
iPhoneアプリから投稿

歴史的名作の一つに位置付けられる素晴らしい映画。観るべし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@

3.0見所は、「ミッキー・ロークを探せ!」です(わからなかったよ)

kossyさん
2020年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

 おいおい、こんな映画だったのか・・・知らずに観てる女性客の中には「ヒーッ!」と悲鳴をあげてる人さえいるのに・・・もっと「復讐劇」「R15」ということを宣伝しなけりゃね。

 何がいけなかったのだろう。全く感情移入できなかったのは事実。中盤までは『アップタウン・ガールズ』よりは確実に上手くなっているダコタ・ファニングや、アカデミー賞の貫禄ある演技のデンゼル・ワシントンとクリストファー・ウォーケンに引っ張られてワクワクできるのであるが、誘拐事件が発生してからは「アレレ」とため息つくほど残酷な描写に終始する。これはこれで好きなのだが、唐突に始まる復讐劇にはちょっと戸惑ってしまい、慣れるのに時間がかかってしまいました。それでも置いてけぼりを食らった人には、指を切るシーン、耳を削ぐシーンという別の意味での楽しみ方(?)があります。

 突如画面がブラックアウトしてしまったり、目が痛くなるほどシーンのコラージュがあったりで、どこかにサブリミナル効果があるんじゃないかと疑ってみたりもした。映像の特殊効果や全体的なバランスは良かったのだが、ストーリーのバランスが悪いので、印象に残るのは残酷シーンだけだ。それでも前半はしぶくて良かったんですよ。「負け犬」と自虐的になっていたり、「俺は熊かよ!」などとデンゼルの心も見えたし、ダコタだって「友達にはなれない!」と言われたにも関わらず彼を好きになっていく様子がうかがえて微笑ましかった。それだけに、後半、なぜ復讐に燃えているのかわからないほどデンゼルの大雑把な扱いは残念でならなかった。せめてダコタとの思い出をフラッシュバックさせるとかの工夫をするといった・・・そうしないと、「どうせ死んでないんでしょ」と思わせる展開にあっては、復讐心の感情移入ができませんよ・・・ロボコップじゃあるまいし。後半鑑賞中には「もし生きてたらシャレにならんぞ!」などと考えてしまって・・・

 ワンシーン、ワンシーンはすごく良かったですね。やはりオスカー俳優です。演技だけは最高!総合的にはケビン・コスナーの『ボディガード』の方が好きかも・・・(笑)。2点くらいだと思ってたけど、リンダ・ロンシュタットの歌が聴けたので加点。

【2004年11月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

5.0拳銃の音が聞こえた瞬間に走り出すダコタファニングに号泣。血縁を超え...

春起さん
2020年7月23日
iPhoneアプリから投稿

拳銃の音が聞こえた瞬間に走り出すダコタファニングに号泣。血縁を超えたこの二人の関係こそ人間愛と言わずに何と言えるだろう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
春起

5.0観客席には余裕があったが。

2020年6月10日
スマートフォンから投稿

娘に重ねてしまう愛する女がいて涙がとまらなくなる。
愛する人が生きてるのは真実。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
かずひこ

5.0ダコタ・ファニング最強

2020年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(デンゼル・ワシントン)は元CIAの凄腕、殺しに疲れ9歳の少女(ダコタ・ファニング)のボディガードを引き受ける。
次第に心を通わせ始めていた主人公だったが、誘拐団に襲われ重傷を負ってしまう。
退院した主人公に少女は殺されたとの知らせが入り、犯人一味の皆殺しを始める。
こんなかわいい少女に慕われると魂も持っていかれる。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
いやよセブン

3.5BSテレ東吹替版鑑賞。カットしまくりだがとりあえず見てみよう。 凡...

2020年5月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BSテレ東吹替版鑑賞。カットしまくりだがとりあえず見てみよう。
凡作を良作に変えてしまうデンゼルと名子役ダコタ。2人に絆が芽生える前半はさすが名優共演。
後半の復讐劇もまずまずなのだが…

以下ネタバレ注意
ラストがなあ。しっかり黒幕までやっつけて欲しかった。なんだか負けてしまったみたいで…。名子役ゆえに生きているのは想像できたが、殺されていた方がもっと燃える、スッキリした復讐劇になっていたかも。
この評価はやはり名優共演の賜物と言えよう。
それにしても…メキシコ、やばい(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はむひろみ

4.0恐るべしダコタ・ファニング

カメさん
2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.0
ダコタ・ファニングが名演すぎて、この映画をよくある誘拐アクション物からワンランク上の作品に仕上げいる。
ただ凝った編集の映像演出が、せっかくのデンゼル・ワシントンの凄みがある演技の邪魔をしている。時間がたてば古い作風だと感じるであろう編集は、作品にとって損だと感じる。
ただ欲を言えば、クリストファー・ウォーケンほどの役者の起用であれば、もう少し最後まで本筋に絡めてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カメ

5.0大好きな作品の一つ

asicaさん
2020年1月15日
iPhoneアプリから投稿

ダコタ・ファニングを知った最初の作品だった気がする。
思い出して再視聴。

あの 大人顔負けのとろんとした眼差し。
デンゼル・ワシントンの生真面目な面差し。

そして北米大陸南部の容赦ない怖さ。

それらに圧倒される。

気になったのは 他レビューの内容。
ちょっとおかしな神経の人がいるものだなあと背筋が凍る思いをしている。
映画よりも すぐそばにいるであろう現実の リアルな隣人の方が怖い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
asica

3.5死の芸術家が描いた愛

everglazeさん
2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
everglaze

4.0微笑ましい絆物語から一転

光陽さん
2019年9月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

前半は微笑ましい絆の物語。後半は手に汗握る展開に。
デンゼル・ワシントンがかっこよかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

4.0イコライザーの原点

odeonzaさん
2019年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

TVがつまらないのでネット配信を物色、主演デンゼル・ワシントン、トニー・スコット監督なら本物と思いホームシアターで鑑賞。
イコライザーより10年も前に遥にハードなリベンジアクションが作られていたとは驚いた。よくある派手さや残忍さが売りのアクションものにせず社会性も人間性も加味したトニー・スコット監督の脚色に敬服した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

3.5面白いけど少し悲しい

2019年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

最初の和やかな雰囲気から一転後半はハードな復讐シーンが...ですが普通に面白かったです!拷問シーンはもっと見たかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヴぇヴぇヴぇ

3.5女の子が。可愛過ぎる! 撮り方に、かなり凝ってたけど、それは、それ...

どんさん
2018年10月19日
iPhoneアプリから投稿

女の子が。可愛過ぎる!
撮り方に、かなり凝ってたけど、それは、それで雰囲気出てて良かったのでは。ちょっと疲れるけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
どん

3.5前半が好き

ジジさん
2018年10月14日
iPhoneアプリから投稿

全体的にはそこそこ楽しめた

主人公クリーシー(デンゼルワシントン)が、少女ピタ(ダコタファイング)に救われ、癒され立ち直っていく姿がジンときた。

二人に絆が生まれていくところは、少し泣きそうになる。
ピタは自分が孤独だから、クリーシーの孤独も悲しみもわかってあげれたのだと思う。

どうやら、もとになった原作とは結末がちがうようなのですが、私は映画の結末の方が好みです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジジ
「マイ・ボディガード」の作品トップへ