カンパニー・マン

劇場公開日

カンパニー・マン
4%
29%
46%
13%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

98年に日本で超ロングラン・ヒットした「CUBE」のビンチェンゾ・ナタリ監督。その5年振りの新作は、60年代のスパイ映画やSF映画へのオマージュを盛り込み、人間の記憶をモチーフに描く異色サスペンス。 アニメ・スタジオのストーリーボード・アーティスト出身監督ならではの、映像展開にも注目。
主演はロバート・アルトマン監督の「ゴスフォード・パーク」などで活躍の英国俳優ジェレミー・ノーザム。「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」「シカゴ」「キル・ビル」と話題作の控えるルーシー・リューが共演。

2001年製作/95分/アメリカ
原題:Cypher
配給:ギャガ・ヒューマックス共同

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5悪くはないよ

といぼさん
2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

TSUTAYAのレンタルDVDを物色している時にジャケ借りした映画。内容に関する事前知識はゼロでの鑑賞です。

結論を言えば、「悪くはない」というところ。めちゃくちゃ面白いわけでもないけど、別につまらないわけでもない。映画序盤から中盤くらいまでは結構ハラハラしながら見ることができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主人公のモーガンは退屈な会社員としての仕事や妻の尻に敷かれる惨めな日常から抜け出すため、厳しい試験をパスしてハイテク企業のデジコープ社に入社し、産業スパイとして働くこととなった。ジャック・サーズビーという偽名を使って世界各地の会合に潜り込みスパイとしての活動を始めたモーガンであったが、彼の前に謎めいた女性リタが現れてから事態は急変していくのであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画序盤ではモーガンがハイテク企業のデジコープ社に入社し、働き始めます。冴えないサラリーマンだったモーガンがスパイとして活動するうちに自信が出始め、バーで見掛けた気に入った女性を口説き始めたり、今まで自分をあからさまに見下していた妻に対して面と向かって悪態をついたりします。

映画中盤、リタという謎めいた女性との邂逅、意味深な発言を行うリタと接するうちに、自分がスパイとして働いているデジコープ社に対して疑念を持ち始めます。デジコープ社の真の目的とは一体何か。そしてそれを知ってしまったモーガンはどう立ち回るのか。

映画終盤、デジコープ社の策略によって別の企業のスパイとして所属し、二重スパイとして働き始めます。しかし潜入先に二重スパイであることがバレて、逆にデジコープ社を出し抜くための逆二重スパイとしての活動を強いられる。身の危険を感じ、リタの恋人であるという闇の請負人「ルークス」に救いの手を差し伸べるが、ルークスもまた危険な存在であるという情報を聞きつけリタも信用できなくなっていく。誰を信じるべきか、モーガンが出した結論とは。そして最後に待ち受ける衝撃の真実とは・・・。

ラストに衝撃の結末が待ち受けているタイプの「どんでん返し系」の映画ですね。ジャンルとしてはミステリーです。序盤から中盤にかけて、産業スパイとして活動しているところとかデジコープ社に疑念を持ち始めたところ、デジコープ社の目的を知ってモーガンが命の危険を感じるところなどはハラハラした展開で普通に楽しめるのですが、その後の展開はグダグダしていてあまり好きじゃないですね。ネタバレになるので詳細は伏せますが、「衝撃のラスト」みたいな映画終盤の展開も、そこまで「衝撃」ではなかったので、どんでん返し系映画としてもいまひとつパンチが弱い。ストーリー全体で観ても結構矛盾や違和感を感じる場面が多々あったので、評価は少し低めにしています。

デジコープ社の目的が分かったところで「目的に対して取る手段が異常に回りくどい!!」と思ったのは俺だけじゃないはず。

個人的にはあまりオススメはできませんが、ハラハラドキドキの展開が随所にあったので部分的には結構面白かったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
といぼ

2.5謎を積み上げられて戸惑いました。

よしさん
2020年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

産業スパイに雇われた男が、謎の女性に導かれて洗脳に抗う物語。

凄く不思議な映画です。現在なのか未来なのか?、企業はどんな企業なのか?、謎の女は誰なのか?、いや、そもそも主人公はどんな男なのか?
分からない事だらけで、謎や不思議だけを積み上げていく手法に、かなり戸惑いを覚えました。
ラストのどんでん返しは、驚きはしましたし謎の幾つかを解消してはくれました。
しかし、前半の戸惑いをチャラにしてしまうだけの驚きやカタルシスを得ることは出来ませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

3.0何の会社?

kossyさん
2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 中盤まではスリリングで飽きもこなかったのだが、謎の人物ルークの話が出てくると、どちらがデジコープ社でどちらがサンウェイズ社かということが、どうでも良くなってきた。多分、随所に出てくるサブリミナル効果で頭がやられてしまったようだ。。。この映画の二重スパイという設定はどこかで見たことがあるのだが、それがどこでだったかという記憶も自己洗脳で消し去ってしまったのだろうか。

 ナタリ監督は『CUBE』の監督であり、エレベーターの雰囲気はよく似ていた。個人的にはルークがデザインしたというヘリコプターが好きだ。

 ずっと謎だったのですが、二つの会社はハイテク産業の大企業なのだが、一体何の会社なのかが最後までわからなかった。会議での男性用カミソリの話が後を引いてしまった。これもいわゆるサブリミナルか!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5***じゃないの?

佐ぶさん
2016年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

いろいろと***じゃないの?というのが出てくる映画。
巨大企業がスパイ合戦をやってる中に、不用意に踏み込んだ平凡な男が誰の言う事を聞けば助かるのか全然わかんないという状況に追い込まれていく。
巻き込まれたんじゃないの?
カンパニーマンじゃないの?

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
佐ぶ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「カンパニー・マン」以外にこんな作品をCheck-inしています。