キャットウーマン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
キャットウーマン
3%
22%
52%
18%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ヴィドック」のフランス人監督ピトフがアメコミ映画化に挑戦、コミックを踏まえつつ、独自のキャットウーマン像を創造。内気な広告デザイナー、ペイシェンスは彼女が勤める化粧品会社の企業秘密を知ったことから抹殺されるが、ネコたちの神秘的な力によってキャットウーマンとして復活。自分の中に眠っていた野生のパワーを発揮して、悪と対決していく。ヒロイン役ハル・ベリーと悪女役シャロン・ストーンの肉弾戦も登場。

2004年製作/104分/アメリカ
原題:Catwoman
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2004 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C)2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited

映画レビュー

1.0ラジー賞予想が当たったので嬉しかった♪

kossyさん
2019年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ちょっとドジでセクシーで男を誘うフェロモンを放出し、しなやかに歩く・・・そして、甘く危険な香り漂うキャットウーマン。どんな匂いか?それは、甘く切ない金色ラズベリーの・・・

 去年の『チャリエン・フルスロットル』から生まれたテイストにどことなく似ている。監督のピトフは『ヴィドック』の監督なのか・・・キンキラ輝く映像からシックにゴシック調にと変化してきているのですね。綺麗で雰囲気も良かったし、『スパイダーマン』を模倣したようなカメラワークも良かった。主人公は『バットマン・リターンズ』でミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマンである。キャラ設定も問題ないのであろう。しかし、ストーリーと俳優に問題あった。。。

 どう考えても、いくつかのラジー賞候補は確実でしょう。助演女優のS・ストーンは確実。助演男優のB・ブラットも可能性あり。脚本、ワーストリメイク辺りも注目だ。他に酷い映画が出てこない限り、作品賞だって危険だ。鑑賞中、こんなことばかり考えてしまったのだが、一番気になったのは高層ビルの頂上に佇むキャットウーマンがデビルマンに見えたことかもしれない・・・

2004年11月鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0なかなか面白い

rem335さん
2019年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

キーになるものが化粧品と言うのがイマイチだが、ストーリー展開やアクションはなかなか面白い

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
rem335

2.0学生の頃一回見ておもんなかったけど 大人になってもう一回見てもおも...

こなさん
2018年9月10日
iPhoneアプリから投稿

学生の頃一回見ておもんなかったけど
大人になってもう一回見てもおもんないな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな

2.0ヴィドックは良かったんだけど

2018年8月18日
Androidアプリから投稿

アメコミの映画化は失敗しちゃいましたね
それなりに楽しめましたけど
バットマンリターンズの後にこれを観せられてもねぇ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スノークの息子
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る