ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

劇場公開日

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
13%
62%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

70年代のイギリスを舞台に、結合体双生児のトムとバリーが率いる架空のパンクバンド「ザ・バンバン」の伝説をドキュメンタリー形式に則って描いた劇映画。監督はテリー・ギリアム監督未完の大作「ドンキホーテを殺した男」の企画成立から崩壊までを描いた傑作ドキュメンタリー「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(01)のキース・フルトン&ルイス・ペペ。

2005年製作/93分/イギリス
原題:Brothers of The Head
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0 モキュメンタリーの面白さは作り物だろうと思い込んでいても、いつし...

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 モキュメンタリーの面白さは作り物だろうと思い込んでいても、いつしか本物だと感じるようになってしまう部分があることでしょうか。この感覚を麻痺させてくれる手法もリアルを追及するものとパロディを楽しむものに分かれるかと思いますが、この映画は前者をさらに独創的なものに昇華させ、アート的なドキュメンタリーを目指しているようにも思えます。

 『ビッグ・フィッシュ』(2003)でもちらりと登場しましたが、『ふたりにクギづけ』(2003)という映画では結合性双生児が主人公だった。これもまたリアルな映像で、本物なのかと思ってしまうほど。ベトナム戦争時のアメリカ軍による枯葉剤の影響で多数生まれたと言われる結合双生児。フィクションとして扱うのさえ難しいと思われるのに、欧米では平気で映画にしてしまう。しかもこの映画では見世物にされているのだ。と、感想を述べるのさえ難しい・・・

 ドキュメンタリーにしてしまったぞ!という意気込みだけは感じられるのですが・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る