シン・シティ インタビュー: ロバート・ロドリゲス監督インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「シン・シティ」 > インタビュー > ロバート・ロドリゲス監督インタビュー
メニュー

シン・シティ

劇場公開日 2005年10月1日
2005年9月30日更新

ハリウッドを遠く離れ、テキサス州オースティンに自分の映画専用スタジオ「トラブルメイカー・スタジオ」を構えるロドリゲス監督に「シン・シティ」のすべてを聞くべく、佐藤睦雄氏がそのアジトへ潜入した。

ロバート・ロドリゲス監督インタビュー
「これは、めちゃくちゃクールなグラフィックノベルがそのまんま動く“新しい映画”なのさ」

聞き手:佐藤睦雄

ロバート・ロドリゲス ロバート・ロドリゲス

──フランク・ミラーのコミックスの大ファンなわけですね。

「もちろんだ! フランクの原作はめちゃくちゃハードボイルドでクールな、彼の最高傑作だよ。もうひと目見たときから、とにかくフランクの原作の画は1枚1枚が、すでに(映画用の)素晴らしいストーリーボードだったからね。台詞もカット割りもほぼ同じなのは、そのためだ。映画用に何も手を加える必要がなかったんだ」

──刑事と殺し屋とストリッパーと娼婦だけが登場する犯罪だらけの街。あなたの大好きなフィルムノワールにうってつけの題材です。

「本当は大好きだった『キッスで殺せ!』(55)をリメイクしたかったんだけど、6年前からマイケル・マン(『コラテラル』)が着手していると聞いてね。それに、今ではオールドファッションすぎやしないか? とも疑問をいだいた。『シン・シティ』なら、ぼくが愛するフィルムノワー ル的な感覚というかな、誰も見たことがないような新感覚のビジュアルであるブラック&ホワイトに挑戦できると思ったんだ」

──モノクロ画面が血の陰惨さを薄め、暴力をスタイリッシュに描いていますね。

「たしかにブラック&ホワイトのおかげで、過激には見えない利点あるね。だが、すべてはフランクの原画通りだよ。ブルーの瞳とか、深紅の口紅とか、インパクトのあるビジュアルを部分部分でパートカラーで染めたけれどね」

──フランク・ミラーが共同監督に名を連ねています。どうやって説得したのですか?

画像2

「オープニングシーン、そう、ジョシュ・ハートネット登場の雨シーンをこのスタジオで撮って、デジタルで雨を降らせて彼に見せたんだ。それを見たフランクは『オー・マイ・ゴッド!』と大はしゃぎだった。われわれも大喜びしたがね」

──フランク・ミラーを監督としてクレジットするため、あなたも米監督組合DGAを脱退されたのですね。そのため、SF大作「火星のプリンセス」の監督を降板されましたね。代償は大きくなかったですか?

モノクロ映像に時折現れるパートカラーが鮮烈な印象を与える モノクロ映像に時折現れるパートカラーが
鮮烈な印象を与える

「おかしな話で、DGAの規定では監督名としてクレジットされるのはたったひとり。当然、カット割りまで原作と同じなんだから、フランクの名前が載るべきだよね(笑)。でも、彼はためらったんだ。それでぼくは所属していたDGAを脱退した。ルーカスも、クエンティンも所属していない団体を、ね。それに、ここ(テキサス州オースティン)で映画を作っているから影響はない。俳優たちは少しの間やってきて帰っていく。デジタルだから一堂に集める必要もない。お金と時間の節約になって逆に好都合だ。第一、ルーカスのスタジオも、ピクサーも、ハリウッドとは別の場所にある。資金さえ集まればどこにいようが問題はないよ。もっとも重要なのは、ハリウッド映画にありがちな、似たり寄ったりのアメコミの映画化をすることじゃない。“新しいこと”をすることだった。これは、めちゃくちゃクールなグラフィックノベルがそのまんま動く“新しい映画”なのさ。こっちのほうが興味深くないかい?」

ブルース・ウィリスを演出するロドリゲス ブルース・ウィリスを演出するロドリゲス

──今回、タランティーノが1シーン(ジャッキー・ボーイとドワイトが車中でお喋りするシーン)だけ、ゲスト監督していますね。

「『キル・ビルVol.2』でぼくが音楽を作ったお返しに、たった1ドルで監督してくれた(笑)。そのシーンでベニチオが吸うタバコは『キル・ビル』で使ったもの(『レッド・アップル』の模様がある)だよ。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』以来、彼は一緒に映画にクレージーになって楽しんで、すげぇ映画を作ろうとしている同志だからね。彼とドライブイン・シアター用の2本立ての映画を作ろうと画策しているところだ」

──すでに「シン・シティ2」の準備中だとか? ドライブイン用にはぴったりですね。

「来年1月から、いや、このペースで準備が進めばもっと早くなるかもな。今ではすっかりフランクも乗り気で、次も監督してくれるはずだ。原作の『A Dame to Kill For』が続編のベースになるだろうから、マーブ(ミッキー・ローク)やドワイト(クライブ・オーウェン)やゲイル(ロザリオ・ドーソン)、ミホ(デボン青木)は出るだろうね」

──もう、出演のオファーはお済みで?

「いいや。でも、俳優たちは彼らの人生の中のたった2日間だけ、ここにやってきて撮影を楽しんでくればいいんだ(笑)」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

クールな映画を作るヤツは、やることもやっぱりクール
映画評論

またアメコミものの映画……と思っていると驚かされることになる。「シン・シティ」の原作が数多のコミックとまったく異なるように、それをまんまスクリーンに移し替えたこの映画版も、アメコミものの映画化どころか、その辺の映画とさえまったく異なる...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

シン・シティ 復讐の女神 コレクターズ・エディション[DVD] シン・シティ[Blu-ray/ブルーレイ] シン・シティ[Blu-ray/ブルーレイ] シン・シティ[DVD]
シン・シティ 復讐の女神 コレクターズ・エディション[DVD] シン・シティ[Blu-ray/ブルーレイ] シン・シティ[Blu-ray/ブルーレイ] シン・シティ[DVD]
発売日:2015年7月2日 最安価格: ¥3,370 発売日:2015年7月2日 最安価格: ¥2,502 発売日:2015年12月23日 最安価格: ¥2,160 発売日:2015年7月2日 最安価格: ¥1,080
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全27件)
  • 女神の男三者三様!! 続編を先に観てしまいましたが、エピソード1やビギンズといった感じで楽しめました。ビジュアルのキレは続編の方が上ですが、ストーリーは断然こちらの方が良かったです。ブルースとミッキー、オーウェン3人... ...続きを読む

    アンジェロ アンジェロさん  2018年7月18日 07:44  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ひさびさ再見。女たちがキレイでシビれます。 ひさびさ再見。女たちがキレイでシビれます。 ...続きを読む

    まるぼに まるぼにさん  2018年3月13日 12:37  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 極上センス 映画としてどうなのかと聞かれると答えは難しいが、シーンを楽しむという娯楽映画と割り切れば評価は格段に上がる。 ただ一つの映画として納得したい方にはオススメは出来ないし、サイコキラーの歴史や事件... ...続きを読む

    a n a nさん  2018年3月8日 02:07  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi