ヘルボーイ(2004)

劇場公開日

ヘルボーイ(2004)
4%
49%
37%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ミミック」「ブレイド2」のギレルモ・デル・トロ監督が惚れ込んだコミック「ヘルボーイ」を映画化。ナチスによって地獄から召喚された異形ヘルボーイが、水棲人間や人体自然発火能力を持つ美女と協力し、ロシアの怪僧ラスプーチンの野望を阻止するために活躍。コミック原作者マイク・ミニョーラを共同製作総指揮とビジュアル・コンサルタントに巻き込んだ映画化に原作ファンも狂喜して全米で大ヒット、続編の製作も発表された。

2004年製作/132分/アメリカ
原題:Hellboy
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

映画レビュー

3.0デルトロ

2020年3月30日
iPhoneアプリから投稿

なんだかDCヒーロー物が見たくなったけどそういえばヘルボーイ新作レンタルしたなぁと思ったら以前のはギレルモデルトロ監督だったのか!と鑑賞。
さすがデルトロ好みのクリーチャーがでてきます、物語としては佳作というかありきたりな感じなのとヘルボーイ自身悪役的ルックス、ヒーロー感はあまりないのでそこがいまいちがっつりはまれない部分でした
しかし主演のロンパールマンはヘルボーイをやる為に生まれたような顔をしている笑
半魚人といい、敵といいB級感がぼちぼち
半魚人のキャラは良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まあ映画好

3.0良作ですが、ありきたりです

2020年2月25日
PCから投稿

脚本はよく出来ていますが、映像はエイリアンとかの焼き直しみたいで、退屈でした。
なんか、全てが作り物みたいで、残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0ハルクとシュレックを足して緑を赤にしたらこうなった

kossyさん
2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ダークなアメコミ・ヒーローがまた誕生した。風体は真っ赤な鬼なのだ。ハルクとシュレックを足して緑を赤にしたら、こうなった・・・みたいなノリで。

 設定も造詣も面白い。魔界サイドから誕生した、悪魔の落とし子のような存在のヘルボーイ。人間側に立って悪と戦うまでに育て上げたジョン・ハート演ずるブルーム博士もとんでもない程すごい設定だ。脇を固める人間サイドの半魚人エイブ・サピエンや魔界側のクロエネンもいい!もちろん、セルマ・ブレアが演ずる炎の女もカッコいいのだ。そして、最近のヒーロー像には欠かせないドジで恋が苦手な一面も見せていて、アクションだってすごいことをやってるので、完璧なような気もするのだが、ストーリー展開がイマイチなのだ。

 様々なダークヒーローへのオマージュや、後半に見せる地下世界では『インディー・ジョーンズ』や『LOTR』の雰囲気も漂わせていて、すごく面白い。だから、この中盤の中弛み感がすごく惜しいのだ。

 何となく好きなところは、半魚人の青い血や、ヘルボーイの後頭部の力士そっくりの髷。角隠しの発想はアメリカ人にもあるのか・・・などと考えさせられたことだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0オタク的な発想。

2018年3月13日
PCから投稿

オタク的な発想やフェチズムがとっても魅力的、ファンタジーアクションとして真新しいことはないけれどキャラクターの造形や、不器用でまっすぐな主人公の性格、細かな作り込みが非常に面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ヘルボーイ」シリーズ関連作品