GOAL! インタビュー: マイク・ジェフリーズ(プロデューサー) インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「GOAL!」 > インタビュー > マイク・ジェフリーズ(プロデューサー) インタビュー
メニュー

GOAL!

劇場公開日 2006年5月27日
2006年5月30日更新

リバプールの熱烈なサポーターであるプロデューサーのマイク・ジェフリーズは、取材日の早朝、愛するリバプールがFAカップに優勝し、「カモーン」と上機嫌。『GOAL!』3部作誕生の秘密を語ってくれた。(聞き手:佐藤睦雄

マイク・ジェフリーズ(プロデューサー) インタビュー
「主人公が夢を追う半生は、フロドが指輪を手にして旅に出るのと同じさ」

──レッズ(リバプールの愛称)ファンですか? FAカップ優勝おめでとうございます。

大のリバプールファンというマイク・ジェフリーズ 大のリバプールファンというマイク・ジェフリーズ

「われらがスティーブン・ジェラードは決めるときに決める男だ(ロスタイムに決勝点をあげた)。今日の朝は久しぶりにおいしいビールを飲んだよ」

──サンティアゴには本当は愛するリバプールに入団してほしかったのではないですか?

「そりゃ、レッズに入ってほしかったよ。でも、リバプールはこの企画にぜんぜん乗ってこなかったんだ。反対に、ニューカッスル・ユナイテッドは大乗り気。レッズファンは、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーとの選手の移籍を認めないほどだからね。この2チームじゃなければどこでもよかったんだ。ニューカッスルに対しては嫌悪感がないからね(笑)」

──「GOAL!」3部作であなたは脚本も書いていますね。こうした本格的サッカー映画を作ろうと思ったきっかけは?

「実は02年のワールドカップを見るためにビジネスパートナー(マット・バレディ)と日本にやって来て、静岡での準々決勝イングランド対ブラジルを見た。ロナウジーニョに決勝点を決められて1対2で負けてね。ホテルへ帰ってヤケ酒(日本酒やビール)を飲んだんだよ。二日酔いのまま次の朝、東京をうろうろしていたら、各国のユニフォームを着た人々であふれ、街中がワールドカップで沸いていてね。落ち込んでいたのは、われらイングランドファンだけだった(笑)。それで気がついたんだな。ワールドカップというのは全世界の人々をひとつにまとめるってね。人種や宗教や文化も関係なく、サッカーを単純に楽しんでいる。思えば、競馬なら『シービスケット』、ボクシングなら『ロッキー』、野球なら『フィールド・オブ・ドリームス』がある。ところが、サッカーの素晴らしさやスタジアムの熱狂を伝える本格的なサッカー映画がないな、と気づいた。それで、すぐにホテルを引き払って、二日酔いのままロサンゼルス行きの飛行機に飛び乗った。一気にこの『GOAL!』の脚本を書き上げたんだ」

プレミア・リーグの熱狂をそのままスクリーンに焼き付けた「GOAL!」 プレミア・リーグの熱狂をそのままスクリーンに
焼き付けた「GOAL!」

──過去にろくなサッカー映画はないですもんね。

「興奮できるのは、ペレが出た『勝利への脱出』ぐらいかな。だが、あれも“現代”を描いているわけじゃなくて、第2次大戦が舞台だった。“今”のプレミアリーグの熱狂を伝えるサッカー映画はないものね」

──ニック・ホーンビィ原作の「ぼくのプレミア・ライフ」や「シーズン・チケット」のように、ファン気質というかフットボールをモチーフとした映画ばかりですもんね。

「『ぼくのプレミア・ライフ』ってリバプールが負けたゲームについてくどくどいってる映画か。きみはぼくのキズ口をほじくるのが好きらしい(笑)。冗談はともかく、純粋にサッカーのプレイを見せてくれる映画がなかったのが実状だった。でも、この映画をぼくは純然たるサッカー映画とはとらえていないんだ。主人公の夢を追う半生を描いている。それは、『ロード・オブ・ザ・リング』のフロドが指輪を手にして旅に出るのと同じようなものだよね」

──3部作というも同じです。

「これはサッカーをモチーフとしているけれど、あらゆる障害が彼を待ち受ける。フロドと一緒さ。ビー玉を転がしたり、バナナの皮を置いたりして、彼を転ばせようとするやつまで登場する。この『GOAL!』の主人公はアメリカへ不法入国しているから、いったん帰国すると、もう2度と夢を追うことができなくなる。そうしたしがらみを体験しながらも、夢を達成しようとする姿が感動させるんだね。現に、試写のあとアンケートをよると女性のほうが感動が大きかったりする。必ずしもサッカーファンでなければ楽しめない映画ではないと思うよ」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

W杯とともに盛り上がる、サッカー映画を総まくり
特集

いよいよ間近に迫ったサッカー・ワールドカップ(W杯)。開催中は映画館の客足も鈍る……と、まことしやかに囁かれるほど、いまや国民的関心事となったW杯だが、逆にこのお祭りを好機と捉え、映画とサッカーの相乗効果を狙うのが、FIFA初公認のサ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「定石」を踏まえ、愛すべき作品に
映画評論

目の肥えたサッカーファンなら、主人公サンティアゴのプレイに、「(利き足が右足なはずなのに)ここで左足でフリーキックを蹴るんかい」とか、「ドリブルしているとき周りをもっと見んかい」とか、ツッコミを入れたくなる描写も少しある。しかし、だ。...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

シングルV「恋のテレフォンGOAL」[DVD] GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦(リプライス再発売)[DVD] 250 GREAT GOAL II 驚愕のスーパーゴール50[DVD] 250 GREAT GOAL I 驚愕のスーパーゴール50[DVD]
シングルV「恋のテレフォンGOAL」[DVD] GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦(リプライス再発売)[DVD] 250 GREAT GOAL II 驚愕のスーパーゴール50[DVD] 250 GREAT GOAL I 驚愕のスーパーゴール50[DVD]
発売日:2004年8月11日 最安価格: ¥592 発売日:2010年2月3日 最安価格: ¥1,944 発売日:2015年11月20日 最安価格: ¥508 発売日:2015年11月20日 最安価格: ¥535
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全7件)
  • スポーツ映画の最高峰 濱田岳似の主人公が、確かな実力と自信で、イングランド・プレミアリーグでのし上がっていくサクセスストーリー。そして家族の物語。 いろいろな障害や挫折を乗り越えて、一歩一歩進んでゆく主人公の頑張り... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2018年6月27日 12:31  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 学校の授業で見そうな普通の映画。 サッカー好きなら、実在選手にテンション上がる場面もある。 2はチャンピオンズリーグが見れる。3は見てない(笑) ナイキのCMの方が良くできてる。 ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年5月8日 00:37  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • フットボールドリーム アメリカに自由を求めて違法入国した 家族の長男サンティエゴ。 父の手伝いをしながらフットボールに 天性の才能をもちひょんな事からその 夢は現実になってゆく。 個人的には鑑賞は3回目。 サッカー... ...続きを読む

    としぱぱ としぱぱさん  2016年5月1日 18:25  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi