倍賞千恵子、渥美清さん&高倉健さんとの貴重な裏話明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月6日 > 倍賞千恵子、渥美清さん&高倉健さんとの貴重な裏話明かす
メニュー

倍賞千恵子、渥美清さん&高倉健さんとの貴重な裏話明かす

2017年9月6日 15:55

今後の女優活動にも意欲「水溜り」

今後の女優活動にも意欲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 倍賞千恵子と故渥美清さんが共演した映画「水溜り」(1961年、井上和男監督)が9月6日、東京・神保町シアターで開催中の「女優 倍賞千恵子 特集上映」内で上映。「夏と真冬の間は滞在する」という北海道から上京した倍賞が、同館での舞台挨拶に出席した。

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」(69~95)のさくら役で不動の人気を獲得し、庶民派女優の代表格として活躍し続ける倍賞。同シリーズの前に渥美さんと初共演していた「水溜り」に触れ、「しばらく、あの役(300円をくれるおじさん)が渥美さんとわからなかった。だいぶ経ってからインタビューで聞かれ、わかったんです。だからお金をもらったおじさんという印象」と笑った。

さらに、山田洋次監督と初タッグを組んだ「下町の太陽」(63)については、「私の庶民派のイメージが出来た映画でもありますし、いまの私に至るまでとても大事な役」としみじみ。「霧の旗(1965)」での役づくりを「三点倒立を毎日欠かさずやっていました。(相手役は)大先輩の滝沢修さんですから、とにかく集中力をと思って」と語るなど、貴重な裏話の数々で観客を唸らせた。

そして「幸福の黄色いハンカチ」(77)、「遙かなる山の呼び声」(80)などでは故高倉健さんと共演。「(初対面時)喫茶店での打ち合わせで、ものすごく緊張しながら向かいに座っていましたら、健さんがやおら時計を外し、私の水の中にポシャっと入れたんです」と喜々として明かし、「『何するんですか!』と言ったら、『いや、防水ですから大丈夫です』。(その気使いで)気持ちがほどけた」と目を細める。続けて「駅/STATION」(81)に言及し、「健さん演じる刑事が、私が男の人といる部屋に来てピストルを向けるシーン。健さんは朝から暗がりでストレッチしていたんです。なんだか近寄りがたく、集中力を高めていたんですね。(本番で)ピストルを向けられた時に『殺される』と思った。本当に刑事が復讐する気持ちが伝わってきたんです」と述べた。

また、マルセル・パニョルの戯曲「ファニー」を翻案した「愛の讃歌(1967)」撮影前は、「失恋していた」と告白。「松竹に外国にひとり旅したいとお願いした。飛行機に乗った瞬間に、わあわあ1人で泣いちゃった」と苦笑しつつ、「ある人から『マルセル・パニョルに、本にサインしてもらってきて』と頼まれたんです。フランスに着いて連絡すると、マルセルさんは避暑地に行ってしまっていた。すると領事館の方が連絡してくれて、わざわざ戻ってきてくれたんです。サインしてもらって『ああ、これで日本に帰らないといけない』と思った。(その後映画化されたため)失恋がなければ、無かった映画かもしれない」と不思議な縁に思いを馳せた。

最後に、「これからの女優人生は」と聞かれた倍賞。「映画自体は170本に出ています」としたうえで、「正直、170本でいいかなと思っていたんです。でも来年、2本ばかりやりたいのがあるので、もうちょっと、と思っています」と意気込み、「人間としてたくさんの人と出会い、楽しく生きていきたい」と話すと、場内を温かい拍手が包み込んでいた。「女優 倍賞千恵子 特集上映」は、9月29日まで神保町シアター、11月に神奈川・横浜シネマリン、その後大阪・シネ・ヌーヴォ、愛知・シネマスコーレなど全国で開催。

(映画.com速報)
下町の太陽[DVD] 下町の太陽[DVD] 最安価格: ¥1,982 下町の工場で働く寺島町子は、恋人の毛利道男とスイートホームを手に入れるため、道男の正社員登用試験の勉強を支えるのだが…。山田洋次監督作品。
霧の旗[DVD] 霧の旗[DVD] 最安価格: ¥1,854 松本清張原作の同名小説「霧の旗」を映画化。貧しさゆえに、殺人事件の容疑者として逮捕された兄の弁護を断られた妹が起こす復讐劇を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi