霧の旗(1965)
ホーム > 作品情報 > 映画「霧の旗(1965)」
メニュー

霧の旗(1965)

劇場公開日

解説

松本清張の同名小説を「その口紅が憎い」の橋本忍が脚色「馬鹿が戦車でやって来る」の山田洋次が監督した推理もの。撮影もコンビの高羽哲夫。

ストーリー

柳田桐子は高名な大塚欽三の法律事務所を今日も訪れた。だが返事は冷たい拒絶の言葉であった。熊本の老婆殺しにまきこまれた兄のために、上京して足を運んだ桐子は、貧乏人のみじめさを思い知らされた。「兄は死刑になるかも知れない!」と激しく言った桐子の言葉を、何故か忘れられない大塚は、愛人河野径子との逢瀬にもこの事件が頭をかすめた。熊本の担当弁護士から書類をとり寄せた大塚は、被害者の致命傷が後頭部及び前額部左側の裂傷とあるのは、犯人がギッチョではなかったかという疑問にとらわれた。この疑問は大塚の頭の中で雲のように広がった。数日後桐子の名前で「兄が死刑になった」と知らされた。大塚は弁護をひき受けなかった自分を悔んだ。兄の死後、上京した桐子はバー“海草”のホステスとなった。そして常連の記者から「大塚が事件の核心を握ったらしい」と聞かされて復讐の念にかられた。その頃桐子は同僚のホステス信子から恋人杉田健一の監視を頼まれた。ある夜尾行中の桐子は、健一が本郷のしもた屋で何者かに殺害される現場に来あわせた。そして桐子は偶然いあわせた大塚の愛人径子に冷たい視線を送った。桐子は健一の死体の側にあった径子の手袋を残すと、健一の親友であった山上のライターをバッグにしまった。径子は殺人犯として逮捕され、大塚の社会的地位もあやぶまれた。大塚は証拠品のライター提出と、正しい証言をもとめて桐子の勤め先に足を運んだ。そんなある夜、桐子はライターを返すと大塚をアパートに誘い、ウイスキーをすすめて、強引に大塚に関係を迫った。翌日桐子は担当検事に「大塚から偽証を迫られ、暴行された」と処女膜裂傷の診断書をそえて訴えた。いまや大塚は完敗した。九州に向う連絡船上、桐子の胸に虚しさがつきあがって来た。...

スタッフ

監督
脚色
橋本忍
原作
松本清張
製作
脇田茂
撮影
高羽哲夫
美術
梅田千代夫
音楽
佐藤勝
録音
小尾幸魚
照明
戸井田康国
編集
浦岡敬一
スチル
堺謙一

キャスト

作品データ

原題 A Trap
製作年 1965年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 111分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

霧の旗 霧の旗
霧の旗 霧の旗
2015年12月13日 2013年12月29日
¥933 ¥300
Hulu Google Play
※2週間は無料

他のユーザーは「霧の旗(1965)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi