倍賞千恵子、高倉健さんとの思い出初めて語る「ぜい肉のない俳優さんでした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月25日 > 倍賞千恵子、高倉健さんとの思い出初めて語る「ぜい肉のない俳優さんでした」
メニュー

倍賞千恵子、高倉健さんとの思い出初めて語る「ぜい肉のない俳優さんでした」

2015年10月25日 19:35

高倉健さんとの思い出を語った倍賞千恵子「幸福の黄色いハンカチ」

高倉健さんとの思い出を語った倍賞千恵子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の倍賞千恵子が10月25日、第28回東京国際映画祭の昨年11月に亡くなった高倉健さんの追悼特集「高倉健と生きた時代」で、1980年に共演した山田洋次監督の「遥かなる山の呼び声」の上映後にトークショーを行った。

同特集では77年「幸福の黄色いハンカチ」、81年「駅 STATION」と2人が共演した3本をすべて上映。倍賞が、健さんについて公の場でコメントするのは初めてで「渥美清さんや笠智衆さんのように、2度とは出てこないタイプの俳優さん。山田監督は、素晴らしい俳優ほどぜい肉が少ないとおっしゃっていた。自信がない人は小細工をするけれど、それが本当にない人だった。私もそんな俳優、人間でありたいと思う先輩でした」としのんだ。

悲報を聞いた際は、「渥美さんの時もそうだったけれど、突然にいらっしゃらなくなってとてもショックだった」という。先月には親交の深かった女優の川島なお美さんが亡くなり、葬儀で弔辞を読んだばかりだが「なお美ちゃんは具合が悪いと分かっていたけれど、気が付いた時にはいなくなっていた。突然、目の前に鉄の分厚いカーテンを落とされたような衝撃。(健さんの出ている)テレビや映画を見るのもイヤだった。映画界にとっても、大事な方を失ってしまった」と、いまだ深い悲しみが残っていることをうかがわせた。

それでも、「幸福の黄色いハンカチ」で初共演した際に、「眼力のある方と感じていましたので、とても緊張しました。それまでは目の小さい人(渥美さん)と仕事をしていましたので(「男はつらいよ」シリーズ)」と笑いをとる場面も。喫茶店でお茶を飲んでいる時に、健さんが突然腕時計を外してコップの水に落としたことがあったそうで「私が慌てると、『大丈夫、防水だから』って。けっこう、おちゃめなところもある人でした」と懐かしそうに明かしていた。

そして、「幸福の黄色いハンカチ」のベースとなった米のポップソングで、自身のコンサートでも歌っている「幸福の黄色いリボン」の一節をアカペラで披露。天国の偉大な先輩に手向けた。

第28回東京国際映画祭は10月31日まで開催される。

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 幸福...[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 幸福...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,454 もしまだ待ってくれるなら、黄色いハンカチをぶらさげてくれ―。高倉健・倍賞千恵子が魅せる優しさ、美しさに胸が震える愛の物語。
駅 STATION[Blu-ray/ブルーレイ] 駅 STATION[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,681 オリンピック狙撃選手であり警察官でもある男の10余年間に渡る人生を通し、男女の出会いと別れを描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi