エベレストを舞台にした日米映画が共同会見、被災したロケ地・ネパールへエールも : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月25日 > エベレストを舞台にした日米映画が共同会見、被災したロケ地・ネパールへエールも
メニュー

エベレストを舞台にした日米映画が共同会見、被災したロケ地・ネパールへエールも

2015年10月25日 19:20

共同会見でエールをおくり合う「エベレスト 3D」

共同会見でエールをおくり合う
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第28回東京国際映画祭が開催中の東京・六本木ヒルズで10月25日、「EVEREST フレンドシップ会見」と銘打った合同記者会見が行われ、特別招待作品「エベレスト3D」(11月6日公開)と岡田准一が主演する「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」(2016年3月12日公開)のスタッフ、関係者が一堂に会した。

エベレスト3D」は世界中の登山家を魅了する世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を、3Dで映画化したサバイバルドラマ。会見にはバルダザール・コルマウクル監督、唯一の日本人キャストとして七大陸最高峰を制覇した登山家・難波康子さんを演じる森尚子が出席した。

氷点下30度を記録するなか過酷な現地ロケが行われ、「とにかく限界に挑んだ現場でした。出演者自ら荷物を運び、高山病の症状や体調不良を訴えるクルーも続出しましたが、何とか全員が生き延びたのです」(コルマウクル監督)。森も「本当に大変でした。まつ毛も髪の毛も凍ってしまって」と振り返り、「監督がこだわったのは、人間と自然との生身の戦い。常に、acting(演技)ではreacting(反応)しろと言われました」と舞台裏を明かした。

一方、「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」からは製作代表を務める角川歴彦氏をはじめ、平山秀幸監督、原作者の夢枕獏が出席した。今年3月にネパールでの大規模ロケを敢行し、現在は12月の完成を目指し鋭意作業中。角川氏は「当初はスケールが大きすぎて、手に負えないと思った。実際、製作が始動するまでには、エベレストに匹敵する高さの壁があった」と感無量の面持ちだ。

かねて夢枕氏のもとには、たびたび映像化オファーが舞い込んだそうだが「やはり現地ロケ抜きには成立しないし、どの企画も頓挫した」といい、「今回、皆さんの本気度によって映画化が実現し、今でも信じられない気持ち。小説を書いて良かったと思うし、一観客として完成が楽しみ」と期待感。平山監督は「何よりネパールの皆さんの支えがあって、実現した」と感謝の意を表した。

また、会見ではマダン クマール バッタライ特命全権大使(在日本ネパール国大使)に対し、角川氏から4月に発生したネパール大震災の義援金が贈呈され、「震災前のネパールの様子が、映像で記録されたことが何よりの救い」(バッタライ大使)、「ぜひ、日本公開を前に、ネパールの皆さんにご覧いただく機会を作りたい」(角川氏)とエールをおくった。

第28回東京国際映画祭は10月31日まで、東京・六本木ヒルズをメイン会場に開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi