エベレスト 3D
ホーム > 作品情報 > 映画「エベレスト 3D」
メニュー

エベレスト 3D

劇場公開日

解説

世界中の登山家をひきつける世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を、3Dで映画化したサバイバルドラマ。エベレスト登頂を目指して世界各地から集まったベテラン登山家たち。それぞれの想いを抱えながら登頂アタックの日を迎えるが、道具の不備やメンバーの体調不良などトラブルが重なり、下山が大幅に遅れてしまう。さらに天候も急激に悪化し、人間が生存していられない死の領域「デス・ゾーン」で離ればなれになってしまう。ブリザードと酸欠の恐怖が迫る極限状態の中、登山家たちは生き残りを賭けて闘うが……。「ターミネーター:新起動 ジェニシス」のジェイソン・クラークをはじめ、ジェイク・ギレンホール、ジョシュ・ブローリン、サム・ワーシントン、キーラ・ナイトレイら豪華実力派キャストが集結。「2ガンズ」「ハード・ラッシュ」のバルタザール・コルマウクルがメガホンをとった。

キャスト

作品データ

原題 Everest
製作年 2015年
製作国 アメリカ・イギリス合作
配給 東宝東和
上映時間 121分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

特集

この機会を逃したら“世界最高峰”に登ることは2度とないだろう──ツアー参加者は《豪華キャスト》と《あなた》!生きて帰ってこられるか!?

標高8848メートル、世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を映画化したサバイバル・ドラマ「エベレスト3D」が11月6日から全国公開。ジェイソン・クラーク、ジェイク・ギレンホール、ジョシュ・ブローリン、サム・ワーシントン、キーラ・ナイトレイら豪華実力派キャストが集結したこの「登頂ツアー」に、あなたも参加するしかない。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

3D映画の可能性をまたひとつ示した、身の縮むような立体効果が生む実話の迫真性
エベレスト 3Dの映画評論・批評

3D映画はイベント性やライド感といったものが伴う性質上、作品として扱うテーマには一定の配慮を要する。特にそれが多くの犠牲者を出した実際の事件だったりすると「人の不幸をハデな見世物にするのか」という否定も誘引するだろう。「アバター」(0...エベレスト 3Dの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全189件)
  • 山は美しくもあり恐ろしくもある 世界中の登山家がチームを組みエベレスト登りる実話 不運が重なり下山が困難になる 本当に山は恐ろしいと感じました そのチームの中には日本女性の登山家がいて亡くなってるとは知りませんでした。 ...続きを読む

    mami mamiさん  2017年9月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • なぜ登るのか 素人目から見ると山の怖さを感じる作品。映画の前半で数人が登ってしまうので、あっさり終わっちゃうのか?と思ったが、後半のひやひや劇にいつのまにか固唾を飲んで見守っていた。実際にいた人物を元に作られ... ...続きを読む

    ニック ニックさん  2017年9月4日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • コスパ はじめて映画館で3Dを観た作品です。残念ながら3Dによる迫力と興奮は得られず、ただただ見づらいだけでした。 その作品を2Dで再視聴しましたが、むしろこの作品のつまらなさが浮き彫りになりました。 ... ...続きを読む

    カイギョーイ カイギョーイさん  2017年9月3日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エベレスト 3D」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi