ハドソン川の奇跡
ホーム > 作品情報 > 映画「ハドソン川の奇跡」
メニュー

ハドソン川の奇跡

劇場公開日

解説

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

作品データ

原題 Sully
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 96分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

155人の命を救った英雄が、なぜ容疑者に?最高のタッグ×最高の実話×最高の映像《今だからこそ、世界に贈る奇跡の[真実]》
特集

クリント・イーストウッドとトム・ハンクス。それぞれ2度のアカデミー賞に輝く名監督と名優がタッグを組み、乗員乗客155人全員が奇跡の生還を果たした航空機事故を映画化。決死の判断と覚悟で見事なハドソン川着水を果たしながらも、浮かび上がる数々の疑惑。英雄としての評価から一転、機長は行動の責任を厳しく追及されることになる……。機長の究極の決断は本当に正しかったのか? 今だからこそ、世界に贈るヒューマンドラマ大作「ハドソン川の奇跡」(9月24日公開)に迫る。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
ハドソン川の奇跡の映画評論・批評

映画からしかモノを学ばないダメな自分は「BRAVE HEARTS 海猿」(12)を観て、旅客機が緊急着陸するさい、着水こそが被害を最小限に食い止める安全策だと思っていた(同作では数人しか犠牲者が出ない)。しかし原作では乗客500人のう...ハドソン川の奇跡の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全316件)
  • アウトサイダー的視点、ここでも健在 ネタバレ! 前作に続いて英雄と呼ばれた男の心理面を映像に刻んだイーストウッド。96分という上映時間は彼の監督作として最短である。とはいえ、終わりなき地獄を描いた前作とは全く違ったやり方で、今回は一瞬の閃光を... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2016年10月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 達人ならではの一筆書き ネタバレ! 「過不足なく」というのはこの映画のことを言うのだろう。物語の核はコレだと見極め、余計なものに目をくれず一直線にゴールを見据えて作る。やりたいこと伝えたいことが明確で迷いがない。達人イーストウッド... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年10月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • アメリカ人の映画 イーストウッドは現代アメリカの代表的映画作家であることは言うを待たない。イーストウッドの映画を観ればアメリカが分かる。 本作はストレートにヒーローを描いている。いつものイーストウッド映画のひねり... ...続きを読む

    Toshi Toshiさん  2016年12月2日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ハドソン川の奇跡
ハドソン川の奇跡
2016年12月3日
¥400
ShowTime

他のユーザーは「ハドソン川の奇跡」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi