ファニー
ホーム > 作品情報 > 映画「ファニー」
メニュー

ファニー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

マルセル・パニョールの名作戯曲『ファニー』『マリウス』『セザール』3部作の映画化で、製作・監督のジョシュア・ローガンは1956年にブロードウェイで、ミュージカル『ファニー』を上演して高名をはせていた。脚色は「雨の朝巴里に死す」のジュリアス・J・エブスティンが担当し、撮影は「ヴァイキング」の名手ジャック・カーディフ。音楽は「草原の野獣」のモリス・W・ストロフである。出演はレスリー・キャロン、ホルスト・ブッフホルツ、モーリス・シュヴァリエなど。

ストーリー

港町マルセイユのとある酒場。店主セザール(シャルル・ボワイエ)、その1人息子の所へ集まる男やもめのパニース(モーリス・シュヴァリエ)や船長ブルン(ライオネル・ジェフリーズ)たちは「マルセーユこそ世界1の町だ」と語り合うのが常だったが、ひとりマリウスだけは遠い海の彼方に憧れていた。ファニー(レスリー・キャロン)は、そんなマリウスを愛していたが、海への冒険にとりつかれた彼からかえりみない淋しさに耐えていなければならなかった。ある日、思いつめたファニーがすべてを捧げてしまった後でマリウスはチャンスを掴み、ファニーを残し港を出て行った。ファニーは身ごもっていたが、それを承知でパニースが迎え入れた。マリウスの面影が忘れられないファニーにパニースは変らぬ愛をおくり、2年の歳月が流れて行った。ファニーの前にマリウスが戻って来たのは、その子セザリオの誕生日だった。ファニーは苦しんだ。1度は溺れかけた2人だったが、ファニーはパニースの愛にそむけなかった。マリウスも又去って行った。数年後祖母に連れられて港へ行ったセザリオは子供心に海へひかれた。それは父マリウスと同じ血の騒ぎだった。パニースが死の床についている頃、セザリオはマリウスの友人の計らいで初めて父子の対面をした。死を悟ったパニースはマリウス宛の手紙をファニーに托した。「君が、妻が一生愛した君が、私が死んだ後、妻と結婚してくれるならば私の魂に平和が訪れるだろう」と。もう誰の目にもマリウスとセザリオの喜々とした姿は父子として眺められた。...

作品データ

原題 Fanny
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第34回 アカデミー賞(1962年)

ノミネート
作品賞  
男優賞 シャルル・ボワイエ
撮影賞(カラー) ジャック・カーディフ
編集賞 ウィリアム・レイノルズ
作曲賞(ドラマ/コメディ) モリス・W・ストロフ ハリー・サックマン

第19回 ゴールデングローブ賞(1962年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) モーリス・シュバリエ
最優秀主演女優賞(ドラマ) レスリー・キャロン
最優秀作曲賞 Harold Rome

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ファニー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi