【全米映画ランキング】「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年7月18日 > 【全米映画ランキング】「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が首位デビュー

2017年7月18日 14:40

初登場1位「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

初登場1位「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、トップ10に2本の新作がランクインし、SFアクション大作「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が約5630万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作は「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続く、シリーズのプリクエル3作目で、シーザー率いる猿の軍団と人類がついに全面戦争に突入するという内容。OP興収は、2作目の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の約7260万ドルには及ばなかったが、批評家からは絶賛評が多く集まっている。出演はシーザーにアンディ・サーキスのほか、ウディ・ハレルソン、スティーブ・ザーンアミア・ミラートビー・ケベルジュディ・グリア。前作に引き続きメガホンをとったのはマット・リーブス

2位は、前週首位だった「スパイダーマン ホームカミング」。先週末は約4420万ドルを稼ぎ、累計は約2億0700万ドルを記録。あっさりと前作「アメイジング・スパイダーマン2」の最終興収(約2億0300万ドル)を抜き去った。

3位は「怪盗グルーのミニオン大脱走」。こちらの累計は約1億8800万ドルと2億ドルまであと少し。4位「ベイビー・ドライバー」は累計を約7300万ドルとした。

そして、「インシディアス」「死霊館」シリーズの撮影監督として知られるジョン・R・レオネッティが監督を務めたホラー「Wish Upon」は7位に初登場。持ち主の願いを叶えるという古いオルゴールを父親からもらった女子高生クレアは、そのオルゴールによりいくつかの願いを叶えるが、彼女の周囲に不吉なことが起こり始め……。出演は「死霊館」「ダークナイト ライジング」のジョーイ・キングに、ライアン・フィリップ、「メイズ・ランナー」のキー・ホン・リー

今週はクリストファー・ノーラン監督が初めて実話に挑んだ戦争大作「ダンケルク」が公開となる。

(映画.com速報)
猿の惑星:新世紀(ライジング)<4K ULTRA HD+3...[Ultra HD Blu-ray] 猿の惑星:新世紀(ライジング)<4K ULTRA HD+3...[Ultra HD Blu-ray] 最安価格: ¥4,786 大ヒットSF大作「猿の惑星」のリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)<4K ULTRA HD+2...[Ultra HD Blu-ray] 猿の惑星:創世記(ジェネシス)<4K ULTRA HD+2...[Ultra HD Blu-ray] 最安価格: ¥4,786 すべてはここから始まった…。なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか?!その真相に迫る。ピーエル・ブール原作の猿が支配する惑星に不時着した宇宙飛行士を描いたSF映画シリーズ『猿の惑星』から、その起源に迫った作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi