トロント映画祭観客賞はE・ストーン&R・ゴズリング共演「ラ・ラ・ランド」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月21日 > トロント映画祭観客賞はE・ストーン&R・ゴズリング共演「ラ・ラ・ランド」
メニュー

トロント映画祭観客賞はE・ストーン&R・ゴズリング共演「ラ・ラ・ランド」

2016年9月21日 08:00

「セッション」監督の新作ミュージカルに栄冠「ラ・ラ・ランド(原題)」

「セッション」監督の新作ミュージカルに栄冠
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.
Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カナダで9月8日~18日(現地時間)に開催された第41回トロント国際映画祭で、エマ・ストーンライアン・ゴズリング共演「ラ・ラ・ランド(原題)」が最高賞にあたる観客賞を受賞した。

セッション」でブレイクしたデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に描くミュージカル。女優志望のミア(ストーン)と、ジャズピアニストのセバスチャン(ゴズリング)が衝突しながらも、恋に落ちる姿を描く。8月31日~9月10日にイタリアで開催された第73回ベネチア国際映画祭では、オープニング作品に選出され、ストーンが最優秀女優賞に輝いた。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、観客賞次点はガース・デイビス監督、デブ・パテル主演の「ライオン(原題)」、次々点はミーラー・ナーイル監督の「Queen of Katwe(原題)」。日本からは李相日監督×渡辺謙主演の「怒り」、西川美和監督×本木雅弘主演「永い言い訳」(スペシャル・プレゼンテーション部門)、黒沢清監督の海外初進出作「ダゲレオタイプの女」(プラットフォーム部門)が出品されていた。

トロント国際映画祭の観客賞は、映画祭期間中に作品を見た一般客の投票によって決まる賞で、受賞作はアカデミー賞の有力候補になる可能性が高いことから注目が集まる。昨年の観客賞受賞作「ルーム」は、主演女優のブリー・ラーソンがオスカーを獲得。過去には、「それでも夜は明ける」「英国王のスピーチ」「スラムドッグ$ミリオネア」などが、トロント国際映画祭で観客賞を受けた後、アカデミー賞作品賞に輝いている。

ラ・ラ・ランド(原題)」は2017年2月からTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。

(映画.com速報)
それでも夜は明ける[Blu-ray/ブルーレイ] それでも夜は明ける[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 第86回アカデミー賞作品賞受賞。“生きる”思いに魂を揺さぶられる感動作。
スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 逆境に負けることなく、愛と希望を手に運命を勝ち取っていく少年を描いたエンタテイメントムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi