それでも夜は明ける
ホーム > 作品情報 > 映画「それでも夜は明ける」
メニュー

それでも夜は明ける

劇場公開日

解説

第86回アカデミー作品賞受賞作。南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノーサップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記を、「SHAME シェイム」で注目を集めたスティーブ・マックイーン監督が映画化した人間ドラマ。1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモンは、愛する家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオーリンズの地へ売られてしまう。狂信的な選民主義者のエップスら白人たちの容赦ない差別と暴力に苦しめられながらも、ソロモンは決して尊厳を失うことはなかった。やがて12年の歳月が流れたある日、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バスと出会う。アカデミー賞では作品、監督ほか計9部門にノミネート。作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞した。

作品データ

原題 12 Years a Slave
製作年 2013年
製作国 アメリカ・イギリス合作
配給 ギャガ
上映時間 134分
映倫区分 PG12
 

関連ニュース:それでも夜は明ける

それでも夜は明けるの関連ニュース

映画評論:それでも夜は明ける

19世紀アメリカの物語だが、現代的かつグローバルな視野を持つ映画
それでも夜は明けるの映画評論・批評

主人公のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、自由証明書を持つ自由黒人。生まれ育ったアメリカ東部では、白人同様の生活を営んでいる。しかし白人社会の一員ではない。さりとて黒人奴隷社会の一員でもない。そんなソロモンの宙ぶらりんの立ち位置...それでも夜は明けるの映画評論・批評

映画レビュー:それでも夜は明ける

平均評価
3.8 3.8 50 (全61件)
  • 普通で、常で、大多数であることは怖いことなのかも ネタバレ! …クスリともスッキリとも、これっぽちもしない。明るくも楽しくもこれっぽちもない。 故に「絶対見た方がいい!」とか「素晴らしい作品だ!」とか言わない。 目つぶって見ちゃうような、どんどん鬱になって... ...続きを読む

    滝 さん  2014年4月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人間の真実の残酷さ ネタバレ! 人種差別にとどまらない残虐性。 同じ人間に対して、人はあそこまで残酷になれるものなのか。 主人公にしても、一緒に船で運ばれていた仲間の一人が主人に助け出されると、自分も連れて行けとばかりにその名... ...続きを読む

    kazz kazzさん  2014年4月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 期待し過ぎだったかな。 ネタバレ! 期待し過ぎた感あり。全く予備知識も無く観たんだが、誘拐からの奴隷にされてしまった話とは予想しておらず、あの時代で、自由黒人と、奴隷の違いってなんだろうと、そっちも気になりつつ。話がすすむ。 結局... ...続きを読む

    motohayako motohayakoさん  2014年4月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • それでも夜は明けるのすべての映画レビュー
  • それでも夜は明けるの映画レビューを書く

他のユーザーは「それでも夜は明ける」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報