LION ライオン 25年目のただいま
ホーム > 作品情報 > 映画「LION ライオン 25年目のただいま」
メニュー

LION ライオン 25年目のただいま

劇場公開日

解説

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

作品データ

原題 Lion
製作年 2016年
製作国 オーストラリア
配給 ギャガ
上映時間 119分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 デブ・パテル
最優秀助演女優賞 ニコール・キッドマン
最優秀作曲賞 ダスティン・オハローラン ハウシュカ

特集

25年間迷子だった男が故郷を見つけた方法は……なんとGoogle Earth! まさに現代の奇跡! “映画を超えた驚がくの実話”いよいよ公開!
特集

アカデミー賞で作品賞を含む全6部門ノミネート、ゴールデングローブ賞でも4部門ノミネートを果たしたヒューマン・ドラマ「LION ライオン 25年目のただいま」が、4月7日に公開される。25年間迷子だった男が、Google Earthを使...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

時間の挟み撃ちに遭って七転八倒する主人公を、デヴ・パテルが深い洞察力を以て好演
LION ライオン 25年目のただいまの映画評論・批評

駅に停車中の列車内に身を潜め、ついつい居眠りしてしまった5歳の少年が、運悪く、その車両が回送列車だったためにノンストップで遙か遠くの町まで運ばれてしまう。さらに運悪く、降り立った町の人々が話す言葉が少年の方言とは異なっていたために、彼...LION ライオン 25年目のただいまの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全164件)
  • ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず 学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年4月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/2
  • ラストはシーア エンドロールでシーアが聴けるのをすっかり忘れていたので得した気分。 この物語で最も偉大なのはニコール・キッドマンが演じた母です。 ...続きを読む

    映録助 映録助さん  2017年5月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • サルーが賢くて強くて可愛くて心をくすぐられる! 冒頭の荒涼とした風景に、心に響く何かを感じ最初から惹き込まれた。 ストーリーにひっくり返る様なネタがあるわけではないものの、再会シーンはやはり涙を誘う、印象に残る作品。 優しいお母さんやお兄ちゃ... ...続きを読む

    ayayan ayayanさん  2017年5月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「LION ライオン 25年目のただいま」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi