LION ライオン 25年目のただいまのレビュー・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま

劇場公開日 2017年4月7日
164件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず

学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直物足りない。二人が出会ってから付き合うようになるまでの過程や、サルーが故郷探しに没頭して不仲になるくだりが、割に淡々と語られる。本来ハードルが高い異人種間恋愛だから、障害を乗り越えるだけの何かが二人にあったはずだし、それをサルーの生い立ちから形成された人間性と結びつけて描くこともできたのではないか。実話ベースのドラマとはいえ、そうした脚色があれば、全体のテーマに恋愛エピソードもうまく絡んだと思う。

オーストラリアの白人夫婦がなぜインド人孤児を二人も養子に?という疑問の答えが、ニコール・キッドマンが演じる養母の夢の話で明らかになるのだけど、ここのスピリチュアルな感じが印象的だった。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ラストはシーア

エンドロールでシーアが聴けるのをすっかり忘れていたので得した気分。

この物語で最も偉大なのはニコール・キッドマンが演じた母です。

映録助
映録助さん / 2017年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サルーが賢くて強くて可愛くて心をくすぐられる!

冒頭の荒涼とした風景に、心に響く何かを感じ最初から惹き込まれた。
ストーリーにひっくり返る様なネタがあるわけではないものの、再会シーンはやはり涙を誘う、印象に残る作品。

優しいお母さんやお兄ちゃんに甘えていたサルーが、不安や恐怖に押し潰されそうだった時も、涙も見せず胸にしまい込むひたむきさ、大人の微妙な声色から危険を察知する賢さ、新しい環境を受け入れ馴染む柔軟性を身につけて行く。
目の前に当たり前にある劣悪な環境、生きるのが精一杯の人々の狡猾さと冷酷さ。今の日本では考えられないインドの貧困など社会問題の渦の中にいて、幼少期のサルーの屈託のない笑顔や笑い声に幸せをもらえる。
サルーが一生懸命走る姿にはキュンとした!本当にカワイイ!
再会のシーンももちろんだが、幼少期のシーンが作品の価値を高めていると思った。

一方で、サルーがオーストラリアの不自由のない生活の中で感じていた孤独感もあっただろうし、実母や兄に対する罪悪感も感じていただろうし、養母からの期待を背負う重圧感や絆を育んできた積み重ねがあっただろうに、その辺りの描写が薄く感じた。幼児期から成人の間の心情がもっと描かれていればより深さのあるストーリーになったと思う。

ayayan
ayayanさん / 2017年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けて、温かくて、考えさせられる映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

号泣。母に会えたとき、兄はあの後電車に轢かれて亡くなってたことを知ったとき。兄とはぐれてから拐われそうになりながら、誰を信用できるかもわからない状況で、本当によく、生き延びた。里親のいるオーストラリアに行くことはもう一層会えないということ。5歳でそれを受け止めるしかなかった現実。成長してもインドのものを見ると思い出す過去は温かい思い出と同時に心をえぐるもの。
向き合う苦しさや25年間の途方もない探索の日々に観ていて苦しくなるけれど、それだけ奇跡的に見つけられたこと、最後に会えた瞬間に来るものがある。
「当たり前のように何でも手に入ることに吐き気がするんだよ」
孤児の問題や、腐った警官、騙し合いの社会を節々で訴えている。
泣けるし、温かくもあるし、考えさせられる。いい映画だった。

ニック
ニックさん / 2017年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1人に手を差し伸べるということ

その記憶は、未熟すぎた自分への嫌悪感しか呼び起さない。だから意識的にずっと封印していた。だがこの映画の冒頭、私はその忌々しい自分と対峙せざるを得なかった。

もう二十年も前、リュック一つでインドを歩いていた時のこと。街角には職のない大人たちがあふれ、同様に多くのストリート・チルドレンがわれわれ外国からの旅人に手を差出し、金を無心していた。
その都度、
「お金はないよ、悪いね。学生だからね」
などと日本語でつぶやきながら、彼らの脇をすり抜けていたのだが、交差点のたびに必ずこうなので、うんざりを通り越し、日に日に心は疲弊していった。
「これは社会の問題であり、たとえ一人のその一日を助けても、何の解決にもならない」
などとうそぶきながら、私は彼らに決して何の施しもしようとしなかった。

映画の舞台はインドの貧しい田舎町。石運びが仕事の母の手ひとつで育てられているまだ五歳の子サルーは、兄と一緒に出た街の駅で一人誤って回送列車に乗ってしまい、二、三日降りられないまま遥か離れた大都会カルカッタ(コルカタ)に出てしまう。誰に助けられることもなく、言葉の通じない街でホームレスをしながら必死に生き抜こうとする幼き主人公の姿に、私は冒頭の記憶が生々しく蘇るのを抑えられなかった。人の命に貴賤はないというのは先進国のまやかしで、世界には本当に軽く扱われている人の命が今もある。

まもなく物語はオーストラリア・タスマニア島へ。サルーはカルカッタの保護施設からこの地の夫婦に引き取られ、そこで育てられることになった。貧しいインドでの生活とは何もかも違う豊かさの中、サルーは少しずつ新しい家族に慣れてゆき、やがて大学生になる。養父母の無償の愛とともに不自由ない幸せの中にいる・・・かに思えた。

だがふとしたことでその生活はスタックする。本当の母親が突然消えた自分を今も探しているのではないか、との積年の思いを抑えきれなくなったのだ。
うろ覚えの幼き日々の記憶を頼りに、グーグル・アースを使って自分の故郷を探り始めるサルー。ひどく難航するうち、オーストラリアでの今の日常とインドでの幼少期の激しいカットバック編集そのものに、その自我は激しく揺さぶられてゆく。やがて生活は破たん、すべてが順調だったはずの家族の歯車は脆くも壊れていった・・・。

中盤、ニコール・キッドマンが演じる義母がサルーをなぜ養子に迎え入れたのか、その告白を聞いて以来、人生について考えずにいられなくなった。子を育てるというのは、親が文字通り全身全霊を捧げなければ、とても成し遂げられない。血の繋がらない、しかも異国の子を迎え入れて育てるというのは、それに人生を賭す覚悟というのは、いったいどういうものなのか、想像すら及ばない。
義父母はそれを感情ではなく理性で決断し、そして立派に成し遂げた。そこにあったのは冒頭の私の浅はかな考え、つまり「たとえ一人のその一日を助けても、何の解決にもならない」とは対極の考えの表意であり、まさしく有言実行そのものだった。この物語は事実に基づくものだとされているが、実在するその養父母の心境も、映画に描かれていた通りだったのだろうか・・・。

インドという我々から見れば特殊な環境を入り口にしながら、中盤から終盤にかけて映画のテーマが普遍性を帯びてゆくにつれ、思いがけずグイグイと引き込まれていった。そしてエンディングは涙なしでは見られなかった。そこにあったのは、サルーの二人の母の愛だ。

サルーの子供時代の子役もいい。冒頭は「ニュー・シネマ・パラダイス」のトトをほうふつさせる純朴そのものの可愛らしい姿をさらしながら、大都会の路上に放り出されて以降、みるみるうちに表情は険しくなり、鬱屈したものを幼くして抱え込む様子を演じて見せている。

意外というべきか、観る前に聞こえていたあらすじから想像していたよりもずっと、既視感のない全く新しい映画だった。
そしてまた、二十年前から大して変わらぬ自分の小ささに目を向ける、いいきっかけにもなった。

もと
もとさん / 2017年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

スーママが素晴らしい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子供のサルーが可愛かった。子供のサルーの冒険がすっごくハラハラドキドキで(当社比)心臓に悪かったけど夢中になりました。それとスーママ(と夫)がすごい人なんだなーてところが感想です。

いまいち大人サルーの、ルーツを探したいけど養父養母には言えない。恋人も過ぎた幸福な気がして持て余す気持ちが理解できず、なんでやねんと思っていました。

後は、忘れていた記憶があんなに鮮明に蘇るの?ってことに引っかかってちょっと乗れませんでした。

養子の弟君が手のかかる子で、なんで両親に感謝できないってことに苛立つサルーの気持ちはわかります。
その苛立ちはとても傲慢だともおもうのですが、わたしもそう思うだろうなと。

お母さん生きててよかったね。

だいず
だいずさん / 2017年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25年後のおかえり。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よく探し出せたな~と思わずにはいられない実話の映画化だが、
キャストも演出も文句なしの出来。子役時代を牽引する少年が
愛らしくいじらしいのだが、生命力に溢れていてかなり逞しい。
成長した彼が家族や恋人と過去との板挟みになり苦しむ様子は
辛かったが、ニコール演じる養母の告白で氷解するのが鮮やか。
二人の母親に愛されていたことがよく分かる育ちの良さが沁み、
エンドの実写映像や写真あたりは号泣。25年ぶりに息子に再会
できた実母は本当に良かったと兄の消息を知って心から思った。

(タイトルの意味になるほど。しかし同時期にライオンが二作品)

ハチコ
ハチコさん / 2017年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

案外

案外簡単に見つけたようなストーリーになってますね😞

NoBody
NoBodyさん / 2017年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

離れて暮らす親と子、家族の想いを深く描いた普遍的な物語でもある。泣いた!

この映画、物語をどう感じるかは、その人の人生経験によって随分違うのだろうか。

幼い頃、自分を守ってくれて愛してくれた母や兄と偶然によって引き離されて、異国の地で養子としてもらわれ、生まれた環境よりも格段に経済的にも生活的にも恵まれた環境で育った主人公。

主人公は、成長するにつれ、自らのアイデンティティを求め、幼い自分を守ってくれた母や兄を想い、また、自分が元気に生きているのを伝えたいと願う。そして、長い歳月の後、その時が訪れる。

この物語は、極めて特殊な事例を描いているけれども、離れて暮らす親と子、家族の想いを深く描いた普遍的な物語でもある。泣いた!涙が止まらなかった!

mankainosakura
mankainosakuraさん / 2017年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素人という子役の演技が8割。 この子でなかったらこの映画は、ここま...

素人という子役の演技が8割。
この子でなかったらこの映画は、ここまで良くはなかっただろう。
Google Earthで家族を探すというより、幼少期の迷子になった背景が映画の6割くらいを占めていて、リアルなインドの現実が描かれている。
奇跡の重なりあった物語。

nob
nobさん / 2017年5月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本物には敵わない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本篇では泣けませんでしたが、ラストシーンに実際の映像が流れると泣いてしまった!
子役の男の子にはとても引き付けられましたが、大人になってからのシーンはやたらラブシーンが多く(ソフトですが)うんざり。
結果、もろもろ合わせて星3つです。

たか
たかさん / 2017年5月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルの意味は最後にわかる

2017/05/01、ファーストデー割引を利用して、TOHOシネマズスカラ座で鑑賞。

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』で顔と名前を覚え、『奇蹟がくれた数式』でファンになったデヴ・パテルが、主人公サルーの大人になってからの姿を演じています。
一般的には『スラムドッグ$ミリオネア』の子、として知られているであろうデヴ・パテルは、この作品で今年のアカデミー助演男優賞にノミネートされました。
主人公なのに助演なのは、少年時代の子役のほうが主演っていう判断なんでしょうね。

迷子になる前から迷子になったあとオーストラリアの夫婦の養子になるまでを丹念に描いたことで、主人公サルーの元の家族と新しい家族、両方への愛情がよく伝わりました。
養母のニコール・キッドマンがさすがの存在感。
そのぶん、養母への愛情と、必死に実家を捜してしまう気持ちと、そのことへの罪悪感に苦しむサルーの悩みが理解できます。

邦題で『ただいま』と書いているので、結末の予想はつくわけですが、それでもやっぱり感動しました。
家族というものについて、改めて考えさせてくれる、いい映画です。

ちな姉
ちな姉さん / 2017年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

少年時代を演じた男の子に目を奪われた。
平和に見える日々を送っていても、晴れない日々を抱えながら生きているんだなぁ。

C0mari
C0mariさん / 2017年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸せの押し売り ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

温かい家に住んで、飢えることなくご飯が食べれる。自分達の生活こそが幸せと思い込み、インドの貧しい子は不幸と決め付ける。
慈善事業気取りで養子に。

サルーはともかく、薬漬けのマントッシュは? 彼はオーストラリアに連れてこられて幸せだったのだろうか?

結局は先進国が作る、幸せの押し売り感丸出しの作品に思えてしまった。

俺は、間違っても、日本なんて国で養子を取ろうなんて思わない。
一体、日本人の何割が幸せなのだろう。

やみくろ
やみくろさん / 2017年5月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017-08 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

久々に映画館で泣いた。隣の人も泣いてた。
タイトルの意味がわかったとき、ラストの本人の映像、素敵。
きっと弟を探して亡くなったお兄さんも、実のお母さんも育ての両親も…みんなが愛に溢れてる。
ニコール・キッドマン演じる育てのお母さんの考え方も素敵ですね。
そしてなんといっても子役の子!なんて表情豊かなんだろう。くるくるの大きくて真っ直ぐな目も、お兄ちゃんを呼ぶ悲しげな声もぜーーんぶ、可愛すぎて胸を打たれる!どーにか幸せになってほしいと願ってしまう、無敵の可愛さ。

海里
海里さん / 2017年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あの子をずっと観ていたい♡!

最初の最初、何で迷子になったかってとこで、不覚にも睡魔(笑)。あのくらいの年なら電車に乗った時点でギャーギャー騒いで降ろしてもらうよな〜?とか、のんきに寝ちゃったりするもんかなぁ?と、色んな疑問が湧きましたが、冒険願望は男子なら誰にでもあるもの?

それに、駅の窓口で小さい子があんなに騒いでたら、大人はもっと何とかしてくれようとしないかな?と思いましたが、それは先進国の発想なんでしょうか。文化の距離を感じたとこです。あんなに可愛い子が困ってたら、きっと日本人なら何とかお母さんを探してあげるような気がしました。

まぁ、結局あの子の可愛さにやられて話に入り込んでしまいましたけどね。しかも、大きくなったサルー…そうか、スラムドッグ〜に出てたあの子かぁ、大っきくなったわ〜(笑)。でも、ちょっと顔の系統が違うよなぁ。

インターネットとかグーグルとか、文明が発達し過ぎて、人が横着になっていくような気がしてましたが、グーグルとインターネットがあったから、お母さんのところまでたどり着けたんですよね。それも裕福で知的な教育を受けられたからこそ。サルー君が動かなかったら、絶対に会えなかったでしょう。

国の成熟度や生活の格差、言葉の壁、子供の扱い…色んなことを学びました。インドって数学教育も進んでるし、IT大国で、英語もみんな話せると思ったけど、ああいう田舎では別の国が存在してました。

それにしてもエンドロール中に立ち上がってちんたら歩くのはやめてください。最後の最後に余韻に浸るためのメッセージが出るのに、よく見えないわ、イラついて興醒めでした。せっかくの最後の泣きの場面だったのに(♯`∧´)。

ゆ~きち
ゆ~きちさん / 2017年5月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

それはそれは深い愛☆サルーが起こした奇跡

衝撃。
世界には色んな子どもたちがいると、頭では分かりつつ、インドという国の現実…
サルーが起こした奇跡への感動以上に、モヤモヤした気持ちが残ってしまった。

子役の男の子…
数千人の子どもから選ばれたサニー・パワールくん。
インドの赤土の中で蝶が舞う冒頭シーンから惹きつけられた。
デイビス監督が言うとおり、サニーくんが自然にそこに居るだけで演技が80%完成しているようだ。
サニーくんの眼の奥に秘めたものや表情。
それだけで彼の虜になる。
聡明なサルーの役は彼しか考えられない。

デブ・パテルが大人になったサルーを演じている。
彼を見て感動した。「スラムドッグ」以来なので…
揚げ菓子から本当の家族や故郷を思い出し、魂が彷徨いはじめる。
グーグルアースで何年間も故郷を探す苦悩。
セリフ少なに表現する。
2つの家族への思いが入り混じって胸に迫ってくる。
その恋人役のルーニー・マーラ。
育ての母がニコール・キッドマン。
2人ともさすがの演技力。

そしてスクリーンいっぱいに流れる…インドの暮らしと人々の映像。自然豊かなタスマニアの壮大な風景。
…世界の広さを思い知らされる。

エンドロールで本物のサルーの画像が流れる。
SIAの主題歌「NEVER GIVE UP」が感動を盛り上げて泣けた。
最初と最後で流れる兄の叫び声が、何日たっても耳から離れない。

第89回アカデミー賞で6部門にノミネートされた映画。
良い映画を観せてもらった。

この夜、もう誰も住んでいない実家が夢に出てきた。
忘れ物をしたような、後悔しているような複雑な気持ちがした。

あらりん
あらりんさん / 2017年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ストーリーがわかっていても感動できる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公・サルーの幼少期が丁寧に描かれていたことで、サルーに感情移入しやすかった。子役もこれ以上ないほどにかわいい。
ただその分、青年期のストーリーが早回しに感じ、多少の脳内補完が必要だった気がする。もう少しだけでも弟との関係や、養母との関係、彼女との関係を描いてもよかったのに。
全体のストーリーは見る前から分かっていたが、それでも母親との再会には感動できた。尚、それ以上に感動したのは、実は兄がサルーが迷子になった日に亡くなっていたことや、母親が彼ら兄弟を同時に失ってもずっと彼らが過ごした村でサルーの帰りを待ち続けていたということ。それらはエンディングで明かされるのだが、何か見えない力がはたらいているようなこれらの事実の衝撃はより一層涙をさそった。ストーリーで兄が重要な役割を果たしていたことにも納得。
一点残念だったのは、翻訳が戸田奈津子氏だったこと。あまりよい評判を聞かないためヒンディー語の訳など疑心暗鬼になりながら観ていた。

mmky
mmkyさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実ですもの。

実際に現実起きたという事実。

この説得力のおかげで、
ちょっと気になる演出も飛び越える。

泣いちゃったもの。

やはり、育ての父母の養子を迎えた理由と
愛には、泣かされた。

あと、タイトルの付け方。
最後まで観て知る。
この感じお洒落だなぁと思った。

堪能致しました。

ふるやるふ
ふるやるふさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙が止まらなかった

実話とは思えないこの人生。
鑑賞後にテレビ番組ア○ビリ○ボーで放送されていたけど、内容が少しだけ違っていた。
60分番組には詰め込めなかったのかな?
それとも映画は脚色されているのかな?

とにかく困難な25年間を生きていてとても強いサルー。
お兄ちゃんも結局亡くなっていて、本当に悲しかった。
あんなに難しい人生を乗り越えてきて、そして、長年かけて実家を見つけて帰る事ができて、執念というか、想いの強さが本当に凄い。
諦めない強さ。
途中投げ出したくなったり、頭がおかしくなってしまったのかと思うような場面もあったけど、最後本当に良かったと心から思えた。

家族の愛も本当に素晴らしいものだったし、配役もとても良かった。
アカデミー賞選ばれて納得。
観てよかった!!

主に1人
主に1人さん / 2017年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

164件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi