LION ライオン 25年目のただいまのレビュー・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま

劇場公開日 2017年4月7日
204件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ルーニー・マーラの存在をもっと生かせたはず

学生になった主人公が出会う恋人を、「ドラゴン・タトゥーの女」のパンキッシュな天才ハッカーから「キャロル」の同性愛に目覚めるデパート店員まで幅広い役をこなすルーニー・マーラが演じているのだが、正直物足りない。二人が出会ってから付き合うようになるまでの過程や、サルーが故郷探しに没頭して不仲になるくだりが、割に淡々と語られる。本来ハードルが高い異人種間恋愛だから、障害を乗り越えるだけの何かが二人にあったはずだし、それをサルーの生い立ちから形成された人間性と結びつけて描くこともできたのではないか。実話ベースのドラマとはいえ、そうした脚色があれば、全体のテーマに恋愛エピソードもうまく絡んだと思う。

オーストラリアの白人夫婦がなぜインド人孤児を二人も養子に?という疑問の答えが、ニコール・キッドマンが演じる養母の夢の話で明らかになるのだけど、ここのスピリチュアルな感じが印象的だった。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

文句はあるが感動してしまう

インドの貧民街に住むサルーは電車で見知らぬ街に辿り着いてしまう。無知ゆえ自身の故郷すら分からないサルーは戻ることが出来ず…。
実話を基にした映画。何人かの人物の扱いが宙に浮いたままなのが気になるが最後は感動するし実際のサルーたちの映像は感涙モノ。

shotgun
shotgunさん / 2017年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実話だということが余計に泣ける

2時間があっという間に終わった

今何不自由なく生活している私たちはあまりにも世界を知らなすぎる。もっと世界を知りたい。旅したい。そう思った。

isgr
isgrさん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画を見たら世界を知りたくなります

本当に素晴らしい映画でした。
私は今まで映画のレビューをしたことがありませんでしたが、率先してレビューしたくなる映画なんです。
25年たっても変わらない深い家族愛を感じられる素晴らしい映画です。
サルーの里親のお母さんの「私の人生はこれしかない」という言葉もとても深く心に残りました。
何よりも、最後に本当に25年越しで本物のお母さんと出会うことが出来、サルーという名前の本当の意味、この映画の題名がなぜ「LION」であるかが明かされます。
あと、サルーのお兄ちゃんのこともかんがえると切ない気持ちでいっぱいになります。
この映画を見たら、もっと英語を今頑張って、将来世界で羽ばたきたい!と思えるような映画だと思います。

高1女子

hina
hinaさん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

めちゃくちゃ良かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今見終わりました。
とても良かったです。
事実なんですよね‥
奇跡続きです本当に。
Google Map、凄いですね。本人の努力も素晴らしいです。
最初あの時ああしなければ運命は狂わなかったのかな、
もし、サルーを探してるときに兄は死んだのかと思うと胸が痛い
大人になって兄がずっと出てくる理由がよくわかりました
私はどちらかと言うとこういう感動系は嫌いです。でも何故かライオンだけは見たくて仕方なくて、劇場でみたかったですがそれは用事がありできませんでした。見たくてみたくて新作の状態で借りました。
予想通り神作で泣きそうになりました
人がいるので我慢しました
しいていえば、弟が来てからの出来事をもう少し見たかったです

あらゆる事実を知りました
最後の説明も良かったです
見るべき作品の一つです

みさき
みさきさん / 2017年12月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが実話っていうからすごい! Google earth すごい!...

これが実話っていうからすごい!
Google earth すごい!
エンドロール手前の写真から、2013年の○○の映像で泣いてしまいました。

ただ、前半1時間ちょっとは、かなり退屈。
予告も、あらすじも知らずに知人からオススメ!って渡されても、エンディングまで辿りつけないかも。

へまち
へまちさん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真・自分探しの旅

幼い頃に生まれ故郷から遥か彼方まで迷子になってしまった少年サルー。
その20年後、青年に成長したサルーがGoogle Earthを駆使し、自分の家族とルーツを探しに行く様を描いたノンフィクション作品。

間違えて乗ってしまった電車が片道で1,600キロも離れた地までサルーを運んでしまい、迷子どころか遭難に近い状態に陥るところから物語は始まる。
行き着いた先はインドの大都市カルカッタ。道行く人々は忙しく行き交い、言葉の通じない5歳の少年なんて誰も相手にしてくれない。
仕方なく駅構内で夜を明かそうとするも駅員に追いかけ回されたり、親切にしてくれた女性は怪しげな男を連れてきてサルーを売り飛ばそうと企んだりと恐ろしい大人たちに追われるサルー。
この間一切泣かない。強い笑。自分ならギャン泣きしてる笑。

その後孤児院に収容されたサルーを引き取りたいと申し出たジョンとスーの夫婦。
人種や生まれも違うが少しずつサルーとの距離を縮めていき、少しずつサルーも心開いて行く。ここでオレもうギャン泣き笑。

2人のおかげで何一つ不自由なく暮らし、大学生にまでなることのできた20年後のサルーはとある出来事をきっかけに自分の生まれ故郷を探したいという思いに駆られる。
恋人のルーシーや大学の友人のアドバイスからGoogle Earthで自分の故郷を探すのに明け暮れる日々を過ごす。

といいながらこの辺りで寝た笑。
サルーがとてつもなくイケメンのリア充になって驚いたのとルーニーマーラが可愛くて嫉妬した反面、義理の両親を深く愛しながらも生まれ故郷を探したいと葛藤するサルーに好感を覚えた。

とにかくとても良い映画だった。
ラストに流れたSiaも力強くて良かった。

オレ
オレさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画!!

久々にひっと!!!
良い映画。
実話さいこう!

yomo
yomoさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デブパテル

グーグルアースがとか、25年ぶりの、とかより、スラムドッグの少年が、南アを経て、精悍な顔つきの青年になってることに1番驚く。ニコールキッドマンの母ぶりが印象的。実話だから仕方ないのだけれど、むしゃくしゃして、適当に探し始めたらたまたま見つかったっていうのは、もう少しどうにかならんかったのか。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

やはり、親子愛は素晴らしい。そんな映画。
マザー・テレサの、世界平和に必要なのは家に帰って家族を愛すること、という言葉が思い出される

もじゃ
もじゃさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こんな嘘みたいな本当の話があるんだなと思いました。
ラストのシェルゥ=ライオンの意味を知った時は鳥肌が立ちました。
後押ししてくれた彼女も、またこんなに施設にたくさんの子がいる中でシェルゥを選び引き取ってくれた家族、人たちに恵まれていたんだなと思いました。
お兄さんはきっと必死にサルーを探して引かれてしまったのだと思うととても悲しいですね。

ラストシーンで本当のママとお母さんとシェルゥ3人が抱き合った姿は涙が出ました。
お母さんが本当に生きていて良かったですね、シェルゥを見つけるために遠くに越さずずっと住んでいたのを愛を感じました。

久々に洋画を見て泣きました。
きっと天国のお兄さんへ気持ちは届いてるはずですね。
心温まる映画でした。見て良かったです。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

85点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そら泣くw
けど再会のシーンはそんなにやったw
サルー幼少期かわいすぎ
両家の家族神ほど優しすぎ
インド、ストリートチルドレンとか人さらいとか
多すぎ
お兄ちゃん死んでるの辛すぎた
彼女綺麗すぎ

コウセイ
コウセイさん / 2017年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルの意味

付け方がおしゃれやなぁ。
これは実話だというのがすごい。

インドのコルカタ行きの電車に乗ったことあるので、
駅の感じや沿線の風景、コルカタの人混みも
懐かしく感じた。

同じように家族と離れて暮らす子ども達がたくさんいる中で
愛情持って育てられたサルー。
義母の覚悟
兄グドゥの優しさ
母の想い
それぞれの想いが生んだ奇跡がジーンとくる。

静かに寄り添う音楽も好き。

Masa
Masaさん / 2017年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな人生もあるんだなぁと ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

インドで生まれ、養子としてオーストラリアの白人夫婦に育てられた少年の人生の物語でした。

ルーニーが演じる主人公の彼女と主人公の関係性がサラッとしか描かれていなかったので、彼女がなんだかただの外国人(インド人)好きの女みたいな印象を受けました。

生まれ育った国にいても外国人扱いされる主人公の葛藤とかも、日本人にとってはわかりにくかったかな?と 思いました。

もうちょっと深みをだして欲しかった感じはありますが、ここ最近見た映画の中では一番好きです。

c.l.ern
c.l.ernさん / 2017年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おにぃちゃぁぁぁーーーーん映画(T-T)

サルーの少年時代の愛くるしさったらないね!!
家族の支えになる為に背伸びして頑張り、兄とはぐれて知らない土地へ。
危機感を抱きながら毎日を生き延びてゆくサルーの姿がしっかりと描かれ、
里親に引き取られてからいかに彼が愛を受けて育ったのかも伝わってきてドラマティックな展開に掴みはバッチリ。
ニコール・キッドマンの笑顔を絶やさぬ里親役が美しくてとてもよかった。

成長してからふとしたきっかけから家族の事が頭を離れなくなり生活が荒れ(?)恋人とも上手くいかなくなるが
この辺一気に展開される上、彼女が突然何かキモイ女に豹変してしまう意味が若干分からなくて一瞬ついていけない。
弟分の困った存在にやきもきしたり、育ててくれた両親に罪悪感から打ち明けられない事へのストレスは理解しても結局グダグダズルズル勝手な振る舞いの果てに元カノに「I miss you」とか言っちゃうサルーにはガッカリw

映画として見ると序盤の少年時代がかなりきちんと流れていたことに比べ、グーグルアースを使い始めて右往左往の果てに自分の故郷の手掛かりを見つける部分については凄く曖昧なストーリー展開に感じた。パソコンをカタカタ叩くシーンはちょこっとあるけど、あれをしてみてもダメ、これもダメで…という試行錯誤の探索を行うくだりが殆ど無い。
グーグルアースを用いての故郷探しなんて非常にセンセーショナルな手段なのに勿体なし。ノンフィクションならではの実際のHow toをもっと教えて欲しかった。
故郷の村が見つかるのも突然で、いつの間にか彼女とも元サヤになっているし、加速度がSUGEEEEEEEE!!!!

ラストには勿論感動したしタイトルの意味にもじんわりきたけど、ストーリー構成の真ん中らへんの脚色があまりに不足していた為、いまいち感情を乗せられないまま観終わってしまった。

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2017年10月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい話?

もっと明るい感動的な作品を勝手に予想していた。
だが、当然ながら現実はそれほど甘くなく、
幼くして親と生き別れざるを得なかった子の苦難は、
想像して余りある。
その点では、私が甘かった。

個人的な感覚では、プロローグが長い。
その割には、大人になってからの葛藤が短く、物足りない。
育ての家族との葛藤はそれなりに描かれているが、
恋人とのそれはないに等しい。
再会後がどうなったのかもわからないのも、不満だ。

単純な感動話を期待していた私が悪いのだが、
結構重く、深みにも物足りなさを感じた。

みみず
みみずさん / 2017年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い

あれこれ説明いらない。

そんぼ
そんぼさん / 2017年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回目の観賞

実話というのも驚きました。
何より実の子を産む選択をせず、二人のインド人をひきとり、悩み苦しみつつも愛し育てた養父母がすごいと思う。

Shiro
Shiroさん / 2017年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クドゥ、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お母さん、息子が一気に2人帰って来なくなったら、しんどいだろうな、、、
無事に再会出来てよかった。

子供が迷子になっても日本なら日本以外に行くことはないし、言葉も通じるだろうけど
海外だと、どこまでも遠くへ行ってしまうのか。と思った

gorinaru2525
gorinaru2525さん / 2017年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何一つ不自由のない、ここの暮らし。吐き気がする。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「LION ライオン 25年目のただいま」(ガース・デイビス監督)から。
予告編が語りすぎていて、なんとなくストーリーが想像できてしまう、
それってどうなんだろう?と思いながらも、逆に安心して鑑賞できた。
優しい養父・養母に育てられ、素敵な彼女もいながらも、
小さい頃育ったのインドでの記憶がフラッシュバックして、
主人公の口からこんな台詞が飛び出した。
「何一つ不自由のない、ここの暮らし。吐き気がする」
今の私たちの生活は、インドのスラム街での生活に比べたら、
比較できないほど豊かであることは認めるが、
「吐き気がする」ほどのことではないだろう、とメモをした。
貧しい生活をしている人たちは、不自由ない生活に憧れ、
何一つ不自由のない暮らしをしている人たちは、
もっと貧しい人たちのことを知るべきだ、ということなのだろうか。
Google Earthで故郷を探し出せたことは、豊かな生活の成果、
そんなことを感じながらも、最後の再開シーンは涙腺が緩んだ。
実話に基づく作品とはいえ、エンドロールでの「実写」挿入は、
一気に、ドキュメンタリー映画にしてしまうので参ったな。
放題タイトルも原題どおり「Lion ライオン」でいいのに
「25年目のただいま」が加わることで、面白みを失ったなぁ。
映画「3月のライオン」(大友啓史監督)と公開時期が重なったことは
ちょっとハンデだったけれど・・。

shimo
shimoさん / 2017年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

204件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi