ルーム
ホーム > 作品情報 > 映画「ルーム」
メニュー

ルーム

劇場公開日 2016年4月8日

解説

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。

作品データ

原題 Room
製作年 2015年
製作国 アイルランド・カナダ合作
配給 ギャガ
上映時間 118分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞
主演女優賞 ブリー・ラーソン
ノミネート
作品賞  
監督賞 レニー・アブラハムソン
脚色賞 エマ・ドナヒュー

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) ブリー・ラーソン
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀脚本賞 エマ・ドナヒュー

インタビュー

オスカー女優ブリー・ラーソン&天才子役ジェイコブ君、「ルーム」で築いた強固な絆
インタビュー

社会から隔離された部屋しか知らない幼い少年と、少年を守るためママになった若い女性。ふたりだけで生きてきた親子が世界へ飛び出す瞬間がやってきた――ママを演じ初のオスカーを手にしたブリー・ラーソン、子役のジェイコブ・トレンブレイ君は、映画...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジャックの瑞々しさと観客の感覚が重なった瞬間、魂に触れる小さな奇跡を起こす
ルームの映画評論・批評

映画「ルーム」が描く、ブリー・ラーソン演じる若い母親ジョイと5歳の息子ジャックの物語は、設定だけを聞けば随分とエキセントリックに思えるかも知れない。ある日突然誘拐され、7年間監禁され続けた悲劇の女性ジョイ。そして監禁部屋で生まれ、外の...ルームの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全227件)
  • 後半、幼子の成長に希望を覚えるような作品かとも思えるが、その前には... 後半、幼子の成長に希望を覚えるような作品かとも思えるが、その前には演出上、恰も普通に感じてしまうような異常な環境があるわけで。 私的には"誰も知らない"や"Juno"の様に「演者が違っていたなら... ...続きを読む

    なべたく なべたくさん  2016年7月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 住めば都 母親にとっては忌々しいばかりの「部屋」に帰りたいという子供の姿が印象的だった。 両手放しの大団円ではないけれど、これから少しずつ外に慣れ、幸せになって欲しいなと思える、あったかい気分で観終えるこ... ...続きを読む

    なまこ なまこさん  2016年7月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 大脱走。 ネタバレ! この映画の山場とも言えるのが中盤の脱走劇。 入念に準備し実行。 それまでの健気な子供が精一杯頑張る。 精一杯よじ登り、ジャンプする。 そしてコケる。 ここで思わず息が止まった方も多いのでは? そ... ...続きを読む

    侍味 侍味さん  2016年7月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ルーム」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi