グルジアの画家ピロスマニを描いた映画がオリジナル版で37年ぶりに再上映! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月30日 > グルジアの画家ピロスマニを描いた映画がオリジナル版で37年ぶりに再上映!
メニュー

グルジアの画家ピロスマニを描いた映画がオリジナル版で37年ぶりに再上映!

2015年7月30日 07:10

「放浪の画家ピロスマニ」の一場面「放浪の画家ピロスマニ」

「放浪の画家ピロスマニ」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース]グルジア(現・ジョージア)を代表する画家・ピロスマニの半生を描いた名作「ピロスマニ」が「放浪の画家ピロスマニ」の邦題で、デジタルリマスター・グルジア語オリジナル版で11月21日から37年ぶりに再上映される。

1969年製作の本作は、19世紀後半のグルジアのチフリス(現・トビリシ)に生きた独学の天才画家ニコ・ピロスマニ(1862-1918)の半生を、ギオルギ・シェンゲラヤ監督がグルジアの風土や民族の心とともに映像化。日本では1978年にロシア語吹き替え版で劇場公開された。今回デジタルリマスター・グルジア語オリジナル版による37年振りの日本再上映となる。

幼くして両親を亡くしたピロスマニは、店の看板や壁に飾る絵を描きながら、放浪の日々を送るようになる。庶民は画家のそんな姿に一目置いていたが、酒場で見初めた踊り子マルガリータへの報われない愛は、画家を孤独な生活へと追い込んでいく。そして、第一次世界大戦、そしてロシア革命前夜のチフリスを、一杯の酒を得るために、画材をかかえ居酒屋を渡り歩く。ある日、作品がこの地を訪れた芸術家の眼にとまり、中央の画壇に注目されるようになる。

ピロスマニは貧しい絵描きが女優に恋焦がれる悲恋を歌った「百万本のバラ」のモデルとしても知られているほか、正規の美術教育を受けずに独自の手法で描いた、のびのびとした素朴な画風が高く評価され、巨匠パブロ・ピカソが「私の絵はグルジアには必要ない。なぜならピロスマニがいるからだ」と評した逸話がある。

放浪の画家ピロスマニ」は、11月21日から岩波ホールほか全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi