西川美和監督、直木賞候補の自著「永い言い訳」を自ら映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月30日 > 西川美和監督、直木賞候補の自著「永い言い訳」を自ら映画化
メニュー

西川美和監督、直木賞候補の自著「永い言い訳」を自ら映画化

2015年7月30日 06:00

自著「永い言い訳」を映画化する西川美和監督

自著「永い言い訳」を映画化する西川美和監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西川美和監督が、第153回直木賞の候補になった自著「永い言い訳」(文藝春秋刊)を、自らのメガホンで映画化することがわかった。「ゆれる」「ディア・ドクター」などで高い評価を得てきた西川監督にとって5作目の長編監督作となり、そのいずれもが自身のオリジナル作品となる。

ゆれる」(第20回三島由紀夫賞候補)、「きのうの神さま」(「ディア・ドクター」原案/第141回直木賞候補)など、これまでにも自身の映画作品から派生した小説を書き下ろしてきた西川監督だが、「予算や時間の制約、という映画的な課題をいったん据え置いて、先に小説というかたちで自由に物語を作ってみることにしました。そうすることで『豊かな無駄』をゆっくりと熟成し、登場人物や物語を練り込む時間が取れたと思っています」と、今回は初めて映画に先行して小説を出版。映画化にあたり「小説は私の持ちうる言葉の限りで多くを語っていますが、今度は言葉では語り得ないものをいかにスクリーンに映し出すかが第二の挑戦となりそうです」と語っている。

物語の主人公は、人気作家の津村啓こと衣笠幸夫。長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失うが、夏子との間には既に愛情と呼べるものはなく、悲しみを演じることしかできない。そんなある日、同じ事故で死去した夏子の親友の遺族と出会い、幸夫は自分でも理由がわからぬまま、母を亡くした幼い兄妹の面倒を見ることを申し出る。

家族、兄弟、ニセ医者、夫婦と様々なモチーフを用いながら、「嘘」があぶり出す「真実」を描いてきた西川監督だが、2011年の震災以降、どんな物語を書くべきか立ち止まったという。そして、「これまで私は、安定していたはずの関係性が壊れてゆく物語を描いて来たように思いますが、崩壊のその後、ふたたび作り上げて行くということについてきちんと描いたことがなかった」と思い至り、「失うということがもたらす『はじまりの物語』を描きたいと思いました」と、鋭く厳しい心理描写はそのままに、かつてない優しい眼差しで、“遺された人々”の思いとつながりを描き出す「永い言い訳」の物語を生み出した。

映画では、主人公が妻を亡くしてからの1年間を、実際に9カ月の長期間をかけて撮影することで、四季の移り変わりや子役たちの成長、登場人物たちの心の機微を、丁寧にリアルに紡ぐ表現を目指す。今春にクランクインし、現在は夏パートの撮影中。春夏秋冬の各パート撮影を経て、12月にクランクアップ予定。2016年に全国公開。

ゆれる[DVD] ゆれる[DVD] 最安価格: ¥2,873 オダギリジョーを主演に迎え、西川美和監督が自身のオリジナル脚本で織り成す、兄弟の絆、人と人との繋がりを描いた心を揺さぶる感動作。
ディア・ドクター(限定版)[DVD] ディア・ドクター(限定版)[DVD] 最安価格: ¥5,767 『ゆれる』の西川美和監督作!笑福亭鶴瓶主演で描かれる極上の人間ドラマ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi