晩婚化は世界共通? グルジアの現在を描いた“悲喜劇”ラブストーリーがTIFFで上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月21日 > 晩婚化は世界共通? グルジアの現在を描いた“悲喜劇”ラブストーリーがTIFFで上映
メニュー

晩婚化は世界共通? グルジアの現在を描いた“悲喜劇”ラブストーリーがTIFFで上映

2013年10月21日 19:10

「ブラインド・デート」会見に出席した レバン・コグアシュビリ監督、アンドロ・サクバレリゼ、 スリコ・ツルキゼとオレナ・イェロショバ「ブラインド・デート」

「ブラインド・デート」会見に出席した
レバン・コグアシュビリ監督、アンドロ・サクバレリゼ、
スリコ・ツルキゼとオレナ・イェロショバ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・六本木ヒルズで開催中の第26回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されたグルジア映画「ブラインド・デート」の記者会見が10月21日、同所で行われ、レバン・コグアシュビリ監督、主演俳優のアンドロ・サクバレリゼ、プロデューサーのスリコ・ツルキゼオレナ・イェロショバが出席した。

40歳にして両親と同居する冴えない独身男サンドロ(サクバレリゼ)が、悪友に誘われたブラインド・デートをきっかけに、さまざまな女性トラブルに巻き込まれていく姿をコミカルに描く。コグアシュビリ監督は、「実際の生活とは常に喜劇と悲劇のミックスなので、この映画も悲喜劇。主人公は物理的な勝利を手にすることはできないけれど、道徳的もしくは精神的な勝利を手にする。それが人生において何よりも大事なことだと思っている」とテーマを語った。

本業は作家であるサクバレリゼは、本作で初めての演技に挑戦。車の運転免許を持っていないため急きょ練習に励んだが間に合わず、撮影はセットのプラットフォームで行われ「サンドロは人生でみんなに追い越される。車の運転もゆっくりとしたペースが彼の雰囲気に合っている。この役には車の運転ができない人が望ましかったんじゃないかな?」と冗談めかした。

日本でも親類と同居する独身男性は増加傾向にあるが、コグアシュビリ監督は「私が若い頃に比べ、グルジアでも晩婚化が進行している。それはグローバル的に見ても同じで、みんな理性的になっているのかもしれないし、優柔不断になっているだけかも。アンドロは独身だから彼に聞いてみた方がいいかもね」とニヤリ。話を振られたアンドロは、「グルジアでは両親、兄弟、友だちなどの人間関係がとても密接だから、あまり孤独を感じないのかもしれない。ひとりぼっちという感覚があまりないので、新たな他人と親密な関係を結ぶ必要性を感じないのかも」と推察した。

また、グルジアの現実を描く上で欠かせない要素として、避難民の女性がキーパーソンとして登場するが、コグアシュビリ監督は「過去20年に渡ってグルジアではさまざまな戦争や紛争があった。首都のトビリシを中心に、今では国内各地に30万人もの避難民がいると言われている。この映画でも本当の避難民の人々が住んでいるエリアで撮影した。もともと工場だった場所に経済的に苦しい避難民が住み着いていて、その風景はとても映画的。ラブストーリーの体裁をとりながらも、現在のグルジアのさまざまな局面を見せたかった」と狙いを明かした。

キツツキと雨 通常版[DVD] キツツキと雨 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,926 役所広司&小栗旬初共演!無骨なキコリと気弱な映画監督のちょっといい出会い―。沖田修一監督が贈る、クスリとわらってちょっぴり泣けて、気づいたら元気が出てる“ほんわか”ムービー。
サラの鍵[DVD] サラの鍵[DVD] 最安価格: ¥3,201 過去の悲しみと痛みを、未来の光に変える感動作!

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi