広瀬すず「ちはやふる」2部作で映画初主演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月24日 > 広瀬すず「ちはやふる」2部作で映画初主演!
メニュー

広瀬すず「ちはやふる」2部作で映画初主演!

2015年6月24日 05:00

「ちはやふる」2部作に主演する広瀬すず「海街diary」

「ちはやふる」2部作に主演する広瀬すず
(C)2016映画「ちはやふる」製作委員会
(C)末次由紀/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 競技かるたを題材にした少女漫画を実写映画化する「ちはやふる」(小泉徳宏監督)が2部作で製作されることになり、主人公の綾瀬千早を大ブレイク中の女優・広瀬すずが演じることが明らかになった。是枝裕和監督作「海街diary」(公開中)で瑞々しい演技を披露した広瀬にとって、映画初主演作となる。

末次由紀氏が「BE・LOVE」(講談社刊)で連載中の原作は、既にシリーズ累計発行部数1200万部を突破。2009年にマンガ大賞を受賞したほか、「このマンガがすごい!2010年オンナ編」で1位に輝いている。また、実写映画に先駆けて過去2度にわたりテレビアニメ化され、大きな反響を呼んだ話題作だ。

広瀬が演じる千早は、小学6年生の時に出会った転校生の綿谷新、幼なじみの真島太一とともに百人一首かるたを通じて絆を深めてきたという設定。4年後、高校生になった千早は、家庭の事情で引っ越していった新たとの再会を願い、太一とともに競技かるた部を創設し、全国大会出場を目指す。

家族全員が原作のファンだという広瀬は「原作の千早は、身長が高くロングヘアーで、自分とは違うイメージかなと不安もありましたが、色々な作品を演じていくなかで自分にも千早のような熱い部分があると感じました。千早の熱をしっかり表現し、少しでも彼女のまっすぐさ、芯の強さに近づいていきたいと思います」と意欲満々。映画初主演となるが、「あまり意識せずに、キャストのみんなと同じ場所で、小泉監督が作る『ちはやふる』の世界でイキイキと一番輝いている千早として生きられるように頑張りたい」と話し、撮影に臨んでいる。

小泉監督は、主演の広瀬を「素直で、無邪気で、情熱的で、周りの人間を魅了しながら前へ前へと突き進む。綾瀬千早という人物像を違和感なく演じきれる役者は、広瀬さんをおいて他に考えられません」と太鼓判を押す。2部作での映画化については、「ただダラッと話を引き伸ばしてふたつに割ったようなものではなく、上の句と下の句、2本やる意味がちゃんとある、必然性のある2部作にしたいと思っています」と説明。「タイヨウのうた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のメガホンをとっているだけに、「これまでも何度か歌をテーマにした映画を作ってきましたが、今回もまた違った形で『歌』を物語に取り込んでいく事になりそうです」とコメントを寄せた。

広瀬とともに物語の中核をなす太一役を野村周平、新役を真剣佑が務める。さらに、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、清水尋也(須藤暁人)、坂口涼太郎(木梨浩)らが、800人以上の若手俳優が参加した大オーディションを経て、役を勝ち取った。また、千早の永遠のライバルで、最強のかるたクイーン・若宮詩暢役は、若手随一の演技派である松岡茉優が務める。なお、松田美由紀國村隼も出演。撮影は7月下旬にクランクアップを予定している。

ちはやふる 上の句」は2016年3月、「ちはやふる 下の句」は16年4月に全国で連続公開。

カノジョは嘘を愛しすぎてる スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] カノジョは嘘を愛しすぎてる スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,466 ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー。
タイヨウのうた スタンダード・エディション[DVD] タイヨウのうた スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,876 シンガーソングライターのYUIが映画初主演で贈る、月の光の下で限られた時間を、歌と一緒に生きた少女の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi