銀座テアトルシネマが閉館 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月2日 > 銀座テアトルシネマが閉館
メニュー

銀座テアトルシネマが閉館

2013年6月2日 18:00

[映画.com ニュース] 銀座テアトルシネマが5月31日、27年間の歴史に幕を閉じた。

5月11日から「“さよなら興行”1987年~2013年の軌跡」として、ジョン・カサベテス監督「オープニング・ナイト」からフランソワ・オゾン監督「8人の女たち」まで、全25タイトルが一挙上映された。

同館は、コーエン兄弟製作の「ブラッド・シンプル」をオープニング作品として87年に銀座一丁目に誕生。以来「バベットの晩餐会」「8人の女たち」など、ヨーロッパ作品を中心に“銀ブラ”を楽しむ女性客へ向けた良質な作品を数多く上映してきた。「当館は閉館となりますが、銀座テアトルシネマのラインナップ路線はヒューマントラストシネマ有楽町にて引き継いで参ります」(“さよなら興行”チラシより)としている。

なお、同館歴代興収ランキングトップ10は次の通り。

第1位 「8人の女たち」(02年11月23日公開)
第2位 「ユージュアル・サスペクツ」(96年4月13日)
第3位 「恋する惑星」(95年7月15日)
第4位 「HANA-BI」(98年1月24日)
第5位 「ピンポン」(02年7月20日)
第6位 「トーク・トゥ・ハー」(03年6月28日)
第7位 「ビヨンド・サイレンス」(98年5月16日)
第8位 「ウェイクアップ!ネッド」(99年9月25日)
第9位 「風の丘を越えて 西便制」(94年6月25日)
第10位 「さよなら子供たち」(98年12月17日)

8人の女たち[Blu-ray/ブルーレイ] 8人の女たち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、イザベル・ユペールほか8人のフランス大女優が一堂に会した豪華サスペンスドラマ。監督:フランソワ・オゾン
ユージュアル・サスペクツ[DVD] ユージュアル・サスペクツ[DVD] 最安価格: ¥927 器強奪事件の面通しで集められた5人の前科者を主人公に、歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いた、ブライアン・シンガー監督による異色傑作サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi