「銀座シネパトスは永遠に不滅です!」鈴木支配人が男泣き : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月1日 > 「銀座シネパトスは永遠に不滅です!」鈴木支配人が男泣き
メニュー

「銀座シネパトスは永遠に不滅です!」鈴木支配人が男泣き

2013年4月1日 00:18

銀座シネパトス閉館の瞬間「インターミッション」

銀座シネパトス閉館の瞬間
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・銀座唯一の名画座として親しまれてきた銀座シネパトスが3月31日、多くの映画ファンに見守られながら閉館を迎えた。13年間にわたり同館の支配人を務めてきた鈴木伸英氏、最終上映作品「インターミッション」の樋口尚文監督をはじめ佐伯日菜子森下くるみ大島葉子奥野瑛太古谷敏、玄里、中丸シオンらは、最後の舞台挨拶に立った。

午前中から閉館を惜しむ映画ファン約2000人が訪れたこの日、鈴木支配人はマイクを持って行列を整理するなど陣頭指揮をとった。しかし、舞台挨拶では「こんな大スターたちを前に舞台に立つだなんて、信じられない。原稿を作ったのになくしちゃって」と恐縮しきり。それでも、「ここ1カ月は悲しくてたまらなかった。でも、『インターミッション』の皆さんが盛り上げてくれて、本当に幸せな1カ月だった」と語ると感極まり、号泣した。

鈴木支配人の涙に、佐伯、奥野、森下ら登壇陣も目頭を熱くした。樋口監督は、「おいしいところを持っていかれた。私は『インターミッション』を作ったおかげで借金苦。泣く余裕すらない」とジョークを交えながら場を和ませたが、鈴木支配人とともに「銀座シネパトスは永遠に不滅です!」と客席に訴え、この日最も大きな拍手が沸き起こった。

銀座シネパトスは、同館の所在地である三原橋地下街の耐震性の問題で取り壊しが決まっている。樋口監督は、閉館を惜しむファン、俳優、スタッフらの思いを代弁するかのごとく、私費を投じて同館でのオールロケ、秋吉久美子染谷将太主演による「インターミッション」を製作した。なお、今作は4月1日から東京・池袋ヒューマックスシネマズでロングラン興行がスタートする。

インターミッション[DVD] インターミッション[DVD] 最安価格: ¥2,462 四半世紀にわたって映画ファンをうならせてきた異色の映画館「銀座シネパトス」を舞台に、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが結集し、制作された奇跡の映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi