銀座テアトルシネマ、5月末の閉館前に“さよなら興行”開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月24日 > 銀座テアトルシネマ、5月末の閉館前に“さよなら興行”開催
メニュー

銀座テアトルシネマ、5月末の閉館前に“さよなら興行”開催

2013年4月24日 17:00

5月末に閉館する銀座テアトルシネマ「HANA-BI」

5月末に閉館する銀座テアトルシネマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国内外の良作を紹介し続けてきた銀座テアトルシネマが、5月31日に閉館する。同館を運営する東京テアトルが銀座テアトルビルの売却を決定したことを受け、約27年の歴史に幕を閉じる。3月末に閉館した銀座シネパトスに続き、東京・銀座の劇場がまたひとつ姿を消す。

同館は、1987年に銀座テアトル西友として開館。「HANA-BI」(98/北野武)、「ピンポン」(2002/曽利文彦)などの邦画から「から騒ぎ」(93/ケネス・ブラナー)、「ユージュアル・サスペクツ」(95/ブライアン・シンガー)、「8人の女たち」(02/フランソワ・オゾン)をはじめとする洋画までバラエティに富んだ作品を上映し、多くの映画ファンに愛されてきた。前身のテアトル東京時代には、名匠ウィリアム・ワイラーの「ベン・ハー(1959)」が、公開日数469日という異例のロングランヒットを飛ばした。

閉館までにさまざまなイベントが企画されており、5月11~30日に27年の軌跡を振り返る“さよなら興行”を開催。11日のジョン・カサベテス監督作「オープニング・ナイト」(77)を皮切りに、「バッド・エデュケーション」(04/ペドロ・アルモドバル)、「ぼくのエリ 200歳の少女」(08/トーマス・アルフレッドソン)などこれまでに扱った名作25作品をレイトショー上映する。18日には、“永遠の美女カトリーヌ・ドヌーブナイト”として、「昼顔」(67/ルイス・ブニュエル)、ジャック・ドゥミ監督の「ロシュフォールの恋人たち」(66)、「ロバと王女」(70)のオールナイト上映を実施する。

また、クロージング作品となったケン・ローチ監督の新作「天使の分け前」の公開を記念し、4月25日午後8時40分の回の上映前に、同作の舞台スコットランドの伝統楽器・グレートハイランドバグパイプの奏者・糟谷肇氏を迎えた“さよなら銀座テアトル×スコティッシュ・ナイト”が行われる。5月25日深夜の“ケン・ローチ監督ナイト”では、「麦の穂をゆらす風」(06)、「この自由な世界で」(07)、「ルート・アイリッシュ」(10)の3作品で、ローチワールドに浸ることができる。

バッド・エデュケーション[Blu-ray/ブルーレイ] バッド・エデュケーション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的物語にして、究極の愛を表現した最高傑作!愛情、裏切り、悪意など人間らしい感情を斬新な映像美で描く。
ロバと王女 デジタルニューマスター版[DVD] ロバと王女 デジタルニューマスター版[DVD] 最安価格: ¥3,299 『シンデレラ』などで知られるフランスの童話作家シャルル・ペローの『ロバの皮』を原作にしたもう一つのプリンセス物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi