ビヨンド・サイレンス
ホーム > 作品情報 > 映画「ビヨンド・サイレンス」
メニュー

ビヨンド・サイレンス

劇場公開日

解説

南ドイツの田園地帯を主な舞台に、ろうあの両親を持つ少女の成長を爽やかに描く感動作。監督・脚本はこれが長編デビュー作となるカロリーヌ・リンク。製作はヤーコブ・クラウゼン、トーマス・ベブケ、ルギ・ヴァルトライトナー。共同脚本はベス・ゼルリン。撮影はギャルノット・ロル。音楽はニキ・ライザー。美術はスーザン・ビーリング。編集はパトリツィア・ロンメル。出演はシルヴィー・テステュー、タティアーナ・トゥリープ、ハウィー・シーゴ、エマニュエル・ラボリ、シビラ・キャノニカほか。97年ドイツ連邦映画賞最優秀長編作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀音楽賞、第10回東京国際映画祭グランプリ、最優秀脚本賞などを受賞。

ストーリー

ろうあの両親を手話で助ける8歳のララ(タティアーナ・トゥリープ)は、学校の成績はイマイチだが頭がよくしっかり者の少女だ。ある時、ララは父マルティン(ハウィー・シーゴ)の美しい妹、クラリッサ(シビラ・キャノニカ)にクラリネットをプレゼントされる。ララは練習を始めるやいなや、驚くほどの上達を見せた。しかし音の聞こえないマルティンはいい顔をしない。一方、母カイ(エマニュエル・ラボリ)はララの味方だ。そんなカイに、赤ちゃんが生まれる。ララにはマリーという名の妹が出来た。そして10年の歳月が流れる。18歳になったララ(シルヴィー・テステュー)は、クラリネット奏者を目指して勉強をしていた。そして父の猛反対を押し切り、音楽学校を受験するためにベルリンのクラリッサの家に身を寄せた。しかしクラリッサは夫との関係がうまくいっておらず、ララの居心地は悪かった。そんなある日、ララは、ろうあ学校で手話を教える青年トム(ハンザ・ツィピィヨンカ)と友達になる。トムとの出会いに胸をときめかせるララ。だが突然、母カイの死の知らせが飛び込んできた。意気消沈して実家へ戻るララだが、音楽の夢は捨てられない。相変わらず猛反対の父を振り切り、再びベルリンへ。そしていよいよ音楽学校の受験の日。試験場の舞台に立つララの前に、何と父マルティンが姿を現した。ララは父が見守る中、見事なクラリネットを吹くのだった。...

作品データ

原題 Jenseits Der Stille
製作年 1996年
製作国 ドイツ
配給 パンドラ
上映時間 113分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第70回 アカデミー賞(1998年)

ノミネート
外国語映画賞  

関連ニュース

  • 銀座テアトルシネマが閉館(2013年6月2日) 銀座テアトルシネマが5月31日、27年間の歴史に幕を閉じた。5月11日から「“さよなら興行”1987年~2013年の軌跡」として、ジョン・カサベテス監督「オープニング・ナイト... 続きを読む
関連ニュース

他のユーザーは「ビヨンド・サイレンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi