「ひとりぼっちの青春」英女優スザンナ・ヨークさんが72歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月17日 > 「ひとりぼっちの青春」英女優スザンナ・ヨークさんが72歳で死去
メニュー

「ひとりぼっちの青春」英女優スザンナ・ヨークさんが72歳で死去

2011年1月17日 10:46

名女優スザンナ・ヨークさんが死去「ひとりぼっちの青春」

名女優スザンナ・ヨークさんが死去
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ひとりぼっちの青春」(シドニー・ポラック監督)でアカデミー助演女優賞にノミネートされた英女優スザンナ・ヨークさんが1月14日、骨髄ガンのため死去した。72歳だった。

ヨークさんは1939年1月9日、英ロンドン生まれ。王立演劇学校を卒業し、60年にスクリーンデビュー。トニー・リチャードソン監督の「トム・ジョーンズの華麗な冒険」(63)で脚光を浴び、テレビや舞台の世界でも幅広く活躍した。

69年には、大恐慌下のアメリカを舞台に、過酷なダンスマラソンに臨んだ人々を描いた「ひとりぼっちの青春」で参加者のひとりを演じてアカデミー賞助演女優賞にノミネート。同作で英国アカデミー賞(BAFTA)助演女優賞を受賞している。また、クリストファー・リーブ主演の「スーパーマン」シリーズでは、スーパーマンの母親役として知られた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi