「ティファニーで朝食を」エドワーズ監督、肺炎で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月17日 > 「ティファニーで朝食を」エドワーズ監督、肺炎で死去
メニュー

「ティファニーで朝食を」エドワーズ監督、肺炎で死去

2010年12月17日 15:00

オールマイティな才能を発揮「ティファニーで朝食を」

オールマイティな才能を発揮
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ティファニーで朝食を」や「酒とバラの日々」「ピンクパンサー」シリーズのブレイク・エドワーズ監督が、肺炎に伴う合併症で死去した。享年88才だった。

エドワーズ監督は、テレビシリーズ「ピーター・ガン」の演出を経て、「ティファニーで朝食を」の大ヒットがきっかけで人気監督の仲間入りを果たした。シリアスドラマからドタバタコメディまでこなすオールマイティな才能の持ち主だが、作曲家のヘンリー・マンシーニと組んだ一連のコメディ映画が有名だった。

米サンタモニカにある病院で、妻で女優のジュリー・アンドリュースをはじめ家族に看取られたという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi