「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」監督が87歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月30日 > 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」監督が87歳で死去
メニュー

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」監督が87歳で死去

2010年11月30日 12:55

「ネバーセイ・ネバーアゲイン」 「ロボコップ2」も監督「スター・ウォーズ」

「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
「ロボコップ2」も監督
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」(1980)のアービン・カーシュナー監督が11月27日、米ロサンゼルスで死去していたことがわかった。87歳だった。長い間、闘病生活を続けていたという。

米フィラデルフィア出身のカーシュナー監督は、フリーのイラストレーターを経て映画界へ。「特攻サンダーボルト作戦」など数作品のメガホンをとったのち、製作総指揮のジョージ・ルーカスから、「スター・ウォーズ」シリーズ2作目となった「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の監督に抜てきされた。

同作は、1作目よりもダークなストーリーで、公開当初は賛否両論が飛び交ったが、のちに高く評価されている。カーシュナー監督は今年10月、米バニティ・フェア誌に「仕事を受けたとき、これは1作目よりもキャラクターに深みがあるダークな作品になると思った」と振り返っている。「批評家たちが、この映画はコミックというよりもおとぎ話なのだと見直すまでに2、3年かかったよ」

その後、カーシュナー監督は、007シリーズの「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(83)や「ロボコップ2」(90)などのメガホンもとっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi