2011年1月17日の映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月17日
メニュー

映画ニュース:2011年1月17日の映画ニュース一覧

山下智久「あしたのジョー2」製作に笑顔で快諾 - 18:15
山下智久「あしたのジョー2」製作に笑顔で快諾

不朽の人気漫画を40年ぶりに実写映画化する「あしたのジョー」の完成会見が1月17日、東京・丸の内の東京国際フォーラムCで行なわれ、主演の山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之... [続きを読む]

シュワちゃん、知事の代償は2億ドル - 16:00
シュワちゃん、知事の代償は2億ドル

米カリフォルニア州知事を退任したアーノルド・シュワルツェネッガーが、州知事の地位と引き替えに2億ドルの損失を被ったと告白した。シュワルツェネッガーが母国オーストリアの新聞Kr... [続きを読む]

ゴールデングローブ賞は「ソーシャル・ネットワーク」が4冠 - 13:09
ゴールデングローブ賞は「ソーシャル・ネットワーク」が4冠

ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が主催する第68回ゴールデングローブ賞授賞式が1月16日(現地時間)、米カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンで開催され、今... [続きを読む]

ゴールデングローブ賞TV部門は大人気コメディ「glee」が3冠 - 13:56
ゴールデングローブ賞TV部門は大人気コメディ「glee」が3冠

ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が主催する第68回ゴールデングローブ賞授賞式が1月16日(現地時間)、米カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンで開催され、マ... [続きを読む]

「エイリアン」新作は旧シリーズとは別物に アンジーら大物女優も候補 - 10:46
「エイリアン」新作は旧シリーズとは別物に アンジーら大物女優も候補

リドリー・スコット監督が1979年の第1作以来のメガホンをとる「エイリアン」シリーズ最新作が、これまで報じられてきたような前章ではなく、内容を一新したSF映画「プロメテウス(... [続きを読む]

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5弾が始動 - 10:46
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5弾が始動

ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ第4弾「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」の公開を前に、早くも同第5弾の製作が始動した。米Deadline Hollyw... [続きを読む]

「ひとりぼっちの青春」英女優スザンナ・ヨークさんが72歳で死去 - 10:46
「ひとりぼっちの青春」英女優スザンナ・ヨークさんが72歳で死去

「ひとりぼっちの青春」(シドニー・ポラック監督)でアカデミー助演女優賞にノミネートされた英女優スザンナ・ヨークさんが1月14日、骨髄ガンのため死去した。72歳だった。ヨークさ... [続きを読む]

ブロードキャスト映画批評家協会賞も「ソーシャル・ネットワーク」が作品賞 - 10:46
ブロードキャスト映画批評家協会賞も「ソーシャル・ネットワーク」が作品賞

アカデミー賞レースの前しょう戦として注目されるブロードキャスト映画批評家協会(BFCA)主催、第16回クリティックチョイス・アワードが発表され、今年の賞レースで圧倒的な強さを... [続きを読む]

鈴木杏、高良健吾とW主演「軽蔑」で初ウエディング披露 - 06:01
鈴木杏、高良健吾とW主演「軽蔑」で初ウエディング披露

女優の鈴木杏が、高良健吾とともに主演を務める「軽蔑」で、初めてウエディングドレス姿を披露した。鈴木は、「もともと結婚願望とかあまりないほうなのですが、やっぱりウエディングドレ... [続きを読む]

芦田愛菜、人生初の握手会に「ちょっと恥ずかしい」 - 06:31
芦田愛菜、人生初の握手会に「ちょっと恥ずかしい」

子育て応援本「愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ『なんで?』の魔法」(講談社刊)の刊行を記念し1月16日、東京・紀伊国屋書店新宿南店で子役の芦田愛菜が握手会を行い、約5... [続きを読む]

松尾貴史、落語家とほろ酔いトーク 初回ゲストに志の輔(映画.com×文化通信) - 10:46
松尾貴史、落語家とほろ酔いトーク 初回ゲストに志の輔

タレント・松尾貴史が1月14日、BS12「TwellV」の新番組「松尾貴史の落語BAR sideA&sideB」の初回収録を行った。ゲストに立川志の輔を迎え、都内のバーでほろ... [続きを読む]

映画ニュースアクセスランキング

このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る

ブログパーツ

ブログパーツ映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
Jobnavi