2010年映画界は東宝×フジテレビの圧勝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月30日 > 2010年映画界は東宝×フジテレビの圧勝
メニュー

2010年映画界は東宝×フジテレビの圧勝

2010年12月30日 11:00

「海猿」は2D、3Dの“両輪”で興行を支えた「告白」

「海猿」は2D、3Dの“両輪”で興行を支えた
(C)2010 フジテレビジョン・ROBOT・ポニーキャニオン
・東宝・小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年の日本映画界は、興行収入155億円を突破した「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」に代表される3D映画が業界全体を席巻する形でけん引。そのなかにあって、邦画大手の東宝とフジテレビがタッグを組んだ作品の存在を無視するわけにはいかない。

今年、フジテレビが製作し東宝が配給を手がけた作品で、興行収入10億円以上を記録した作品は6作品。興収80億2000万円を稼いだ「THE LAST MESSAGE 海猿」を筆頭に、織田裕二主演作「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」(興収73億1000万円)、上野樹里主演作「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(同41億円)、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」(同37億2000万円)、「SP 野望篇」(36億円/公開中のため見込み)、「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」(23億6000万円)と続く。

東宝にとって今年の稼ぎ頭は興収92億5000万円の「借りぐらしのアリエッティ」。しかし、6作合計で興収291億円を突破したことで、同社のラインナップに厚みを持たせていることは間違いない。

この流れは、11年もより強固なものとなって継続される。草なぎ剛竹内結子主演作「僕と妻の1778の物語」に始まり、「SP 革命篇」、万城目学の人気小説を映画化する「プリンセス トヨトミ」、織田裕二主演作「映画版 外交官・黒田康作(仮題)」、佐藤隆太主演作「ロック わんこのしま」、篠原涼子主演作「アンフェア2(仮)」、三谷幸喜監督作「ステキな金縛り」と7作品におよぶ。

さらに今年は、東宝が製作プロダクションを手がける「告白」と「悪人」が賞レースを独占。興収38億5000万円を記録した松たか子主演の「告白」は、第83回アカデミー賞最優秀外国語映画部門へ日本代表としてエントリーされることが決まっている。興収19億8000万円の妻夫木聡主演作「悪人」は、公開直前に共演の深津絵里が第34回モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を戴冠。作品の評価はもともと高かったが、この受賞が認知度を全国区に広めた。

現在の映画業界が、少なからずリスクを回避できる製作委員会システムが主流なのは否定しようがない。それだけに、自社製作の作品が興行的成功を収めることは配給会社にとって何よりも“力”になる。来年製作を手がける、小栗旬主演作「岳-ガク-」、西田敏行主演作「星守る犬」、櫻井翔宮崎あおいの共演作「神様のカルテ」、3DCGアニメ「friends もののけ島のナキ」の4本が、どのような興行を展開するのか目が離せない。

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディションDVD[DVD] THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディションDVD[DVD] 最安価格: ¥3,175 2010年10月、福岡沖巨大天然ガスプラント『レガリア』で事故が発生し火災がおきる。巨大台風が迫る中、仙崎大輔はバディの吉岡、そして『レガリア』設計主任の桜木と共に施設へ向かう。要救助者の救出が行われる中、突然思いもよらない爆発により、大輔、桜木、医師の西沢と作業員の木嶋が『レガリア』内に残され逃げ場を失ってしまう。
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディションDVD[DVD] 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディションDVD[DVD] 最安価格: ¥1,231 湾岸署を襲った最悪の猟奇的連続殺人事件から7年。テロリスト対策のため、高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ引越すことになった湾岸署では、強行犯係係長に昇進した青島刑事が引越しを一任され、大張り切りで引越し作業に取り組んでいた。ところが、新湾岸署の開署式まで後3日になって、湾岸署管内で次々と事件が発生する。出演:織田裕二

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi