宮崎あおい

ホーム > 俳優・監督 > 宮崎あおい
メニュー

宮崎あおい

宮崎あおい
ふりがな: みやざきあおい
誕生日: 1985年11月30日
出身: 日本/東京
宮崎あおい 宮崎あおい 宮崎あおい 宮崎あおい
宮崎あおいの写真・画像宮崎あおいの写真・画像をもっと見る

4歳のときに子役としてデビュー。2001年、ヒロイン役で出演した「EUREKA ユリイカ」が、第53回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をダブル受賞。初主演映画「害虫」(02)では、ナント三大陸映画祭の主演女優賞に輝いた。その後、映画「NANA」(05)や、NHK連続テレビ小説「純情きらり」(06)のヒロイン桜子役で知名度を上げ、08年のNHK大河ドラマ「篤姫」では、大河ドラマ史上最年少の22歳で主役に抜てきされた。映画では、「少年メリケンサック」(07)、「ツレがうつになりまして」(11)、「舟を編む」(13)、「怒り」(16)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。その他、「ソラニン」(10)、「神様のカルテ」シリーズ(11・14)などに主演し、「わが母の記」(12)、「世界から猫が消えたなら」(16)などで活躍する。私生活では、俳優の高岡奏輔との約4年半の結婚生活に終止符を打った後、17年12月に「陰日向に咲く」「天地明察」で夫婦役を演じた岡田准一(V6)と再婚した。

作品

出演

バースデーカードバースデーカード

2016年公開
評価 3.73.7
出演

怒り怒り

2016年公開
評価 3.93.9
出演

世界から猫が消えたなら世界から猫が消えたなら

2016年公開
評価 3.43.4
出演

バケモノの子バケモノの子

2015年公開
評価 3.73.7
声の出演

バンクーバーの朝日バンクーバーの朝日

2014年公開
評価 3.23.2
出演
宮崎あおいの作品宮崎あおいの作品をもっと見る

関連記事

ニュース

特集

インタビュー

映画評論

  • 怒り : 映画評論・批評 真の悪人とは何かという根源的な問いかけをモチーフにした「悪人」(10)で映画賞を総ナメにした吉田修一原作、李相日監督のコンビによる新作である。酷暑が続くある夏の日、八王子で夫... 続きを読む
  • はじまりのみち : 映画評論・批評 尊敬する映画監督へオマージュを捧げるにはさまざまな方法がある。アニメーション監督の原恵一は、この木下惠介生誕100年記念映画を依頼された際、木下が戦争末期、脳溢血で寝たきりの... 続きを読む

コラム

宮崎あおいの関連記事宮崎あおいの関連記事をもっと見る

他のユーザーは「宮崎あおい」以外にこんな人をCheck-inしています。

  • 宮崎あおい
  • 宮崎あおいの作品
  • 宮崎あおいの受賞歴
  • 宮崎あおいの写真・画像
  • 宮崎あおいの動画
  • 宮崎あおいの関連記事
  • 宮崎あおいのDVD
  • 宮崎あおいのWikipedia
  • 宮崎あおいの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi