借りぐらしのアリエッティ
ホーム > 作品情報 > 映画「借りぐらしのアリエッティ」
メニュー

借りぐらしのアリエッティ

劇場公開日

解説

イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。

スタッフ

監督
企画
宮崎駿
プロデューサー
鈴木敏夫
原作
メアリー・ノートン
脚本
宮崎駿
丹羽圭子
作画監督
賀川愛
山下明彦
美術監督
武重洋二
吉田昇
色指定
森奈緒美
映像演出
奥井敦
音響演出
笠松広司
主題歌
セシル・コルベル
制作
星野康二
スタジオジブリ

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 The Secret World of Arrietty(英題)
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 94分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

受賞
アニメーション作品賞  

インタビュー

志田未来&米林宏昌監督、ともに初挑戦だった2人が振り返る「アリエッティ」
インタビュー

「天空の城ラピュタ」「おもひでぽろぽろ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」……数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」が今週末より公開となる。本作は、イギリスの女性作家メアリー...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

動きの中に思想を宿す老練作家と若手職人の絶妙なコラボ
借りぐらしのアリエッティの映画評論・批評

ひそやかな世界、つつましやかな暮らし。ケルトとフォークの混じり合う音楽に彩られ、排斥された小人たちの哀愁の詩が全編に染み渡る。父は衣食住に必要不可欠なものを広大な人間社会から拝借する。それは、かつて自然と折り合いをつけ堅実に生き抜いて...借りぐらしのアリエッティの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全161件)
  • 音に注目してほしい ネタバレ! 音の描写がとってもすてきでした。 見慣れた日常であるはずの人間の世界が アリエッティの視線から見ることでとても新鮮に感じられたし、 草木がたくさん出てきて、とても優しい印象がありました。 という... ...続きを読む

    r!eco r!ecoさん  2017年5月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 良作 しっかりと物語がまとめられていて誰もが見やすい作品だと思います。 ...続きを読む

    ちあき ちあきさん  2017年5月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 微妙 あんまり面白くない。 おばちゃんがきもちわるい。 ...続きを読む

    なー吉 なー吉さん  2017年1月30日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「借りぐらしのアリエッティ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi