告白
ホーム > 作品情報 > 映画「告白」
メニュー

告白

劇場公開日

解説

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。

スタッフ

監督
製作
島谷能成
百武弘二
吉田眞市
鈴木ゆたか
諸角裕
宮路敬久
喜多埜裕明
大宮敏靖
エグゼクティブプロデューサー
市川南
塚田泰浩
企画
川村元気
プロデューサー
石田雄治
鈴木ゆたか
窪田義弘
原作
湊かなえ
脚本
中島哲也
撮影
阿藤正一
尾澤篤史
照明
高倉進
録音
矢野正人
美術
桑島十和子
スタイリスト
申谷弘美
ヘアメイク
山崎聡
装飾
西尾共未
ビジュアルエフェクツスーパーバイザー
柳川瀬雅英
ビジュアルエフェクツプロデューサー
土屋真治
CGディレクター
増尾隆幸
編集
小池義幸
音楽プロデューサー
金橋豊彦

キャスト

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 106分
映倫区分 R15+

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

受賞
作品賞  
監督賞 中島哲也
脚本賞 中島哲也
ノミネート
主演女優賞 松たか子
助演男優賞 岡田将生
助演女優賞 木村佳乃

インタビュー

中島哲也監督が「告白」で得た演出の妙技
インタビュー

2009年の本屋大賞に輝き、現在までに累計発行部数235万部(文庫含む)を誇る湊かなえのベストセラー小説を、松たか子主演で映画化した「告白」。メガホンをとったのは、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」などで天才肌の演出手腕を発揮してきた中...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

これは復讐譚ではなく、命の尊さを過激に教え諭す残酷寓話である
告白の映画評論・批評

プロットだけを追えば救いようのないサスペンスに思える。しかし学校という現代社会の雛形と向き合う子供と大人は知っている。少年に愛娘を殺められ報復を企てる女教師、罪を犯した我が子を庇う母、自己中心的な熱血教師――彼らが繰り広げる絶望の連鎖...告白の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全169件)
  • 結局のところ huluにて。告白を見るのは数年ぶりの二回目で、初めに見たときは単に 【自分で手を下す訳にもいかない、どうにもならない立場の森口先生が全て言葉で言い繕った話】 なのかと思っていました。(牛乳は勿... ...続きを読む

    ヴェルナー ヴェルナーさん  2016年11月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 原作がよく練られている 重たい映画 見ることをおすすめはしない ...続きを読む

    オットー オットーさん  2016年11月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • アクが強すぎてオススメはできないが、僕は好きです ネタバレ! 周りの友人からは批判ばかりされてるのですが、僕は好きです。 小説も読んだんですが、担任が一方的に話すことで情報が得られるホームルームのシーンや、クラス一同の動向を一人の生徒の視線で語る手法を映像... ...続きを読む

    ジンクス ジンクスさん  2016年11月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

告白 告白 告白 告白
告白 告白 告白 告白
2014年5月20日 2016年10月1日 2014年9月12日 2014年4月23日
¥300 ¥933 ¥500 ¥324
iTunes Hulu ビデオマーケット 青山シアター
※2週間は無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「告白」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi