雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
ホーム > 作品情報 > 映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
メニュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

劇場公開日

解説

「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督が、「ナイトクローラー」「サウスポー」の演技派ジェイク・ギレンホールを主演に迎え、妻の死にすら無感覚になってしまった男が、身の回りのものを破壊することで、ゼロからの再生へと向かっていく姿を描いたドラマ。ウォール街のエリート銀行員として出世コースに乗り、富も地位も手にしたデイヴィスは、高層タワーの上層階で空虚な数字と向き合う日々を送っていた。そんなある日、突然の事故で美しい妻が他界。しかし、一滴の涙も流すことができず、悲しみにすら無感覚に自分に気付いたデイヴィスは、本当に妻のことを愛していたのかもわからなくなってしまう。義父のある言葉をきっかけに、身の回りのあらゆるものを破壊し、自分の心の在り処を探し始めたデイヴィスは、その過程で妻が残していたメモを見つけるが……。

作品データ

原題 Demolition
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 101分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

映画ファン信頼度No.1 J・ギレンホールは、なぜすべてを“壊す”のか?オスカー受賞作監督と共に描く「再生の物語」──“邦題の真意”が分かったとき、新たな希望が生まれる
特集

「ナイトクローラー」「サウスポー」ほか、高い演技力と作品選びの質の高さで映画ファンから厚い信頼を寄せられているジェイク・ギレンホールの最新主演作「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」が、2月18日から全国公開。アカデミー賞3部門受賞...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ごく普通の中年が狂気へと飛び込んでいく、エモーションのアクション映画
雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの映画評論・批評

原題は「Demolition」。ついスタローン主演のアクション映画「デモリション・マン」が浮かんでしまい、ふんわり系の邦題との落差に驚く。日本語では「破壊・解体」の意味で、確かに作品の内容を端的に言い表している。ジェイク・ギレンホール...雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全76件)
  • ギレンホール、見事に役を生き切った ヴァレ監督はいつも、崩壊しそうなほどに傷ついた人の心を剥き出しに描き出す。それは時にヒリヒリする描写を伴うこともあれば、まるで真逆の、言いようのない温かみとなって香りたつ瞬間もある。こと本作を観... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年2月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 肉体労働と子育てで“生”の実感を取り戻す 原題のDemolitionは端的に「破壊」。分解や解体の作業は複雑にこんがらがった感情をいったんバラす象徴だけれど、インテリの主人公が肉体を酷使することで生きている実感を取り戻す効果もある。共通... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年2月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/3
  • いい映画 最初は変な手紙と、分解と破壊を繰り返す主人公になんだかよく分からなかったけど、付箋、墓参り、メリーゴーランドにグッときた。エンドロールの曲も素晴らしかった。 子供との食卓、ホームセンターでのやり... ...続きを読む

    T2 T2さん  2017年6月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi