クリント・イーストウッド監督、100歳まで映画を撮ると宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月26日 > クリント・イーストウッド監督、100歳まで映画を撮ると宣言
メニュー

クリント・イーストウッド監督、100歳まで映画を撮ると宣言

2010年10月26日 11:16

まだまだ監督業に精力的「ミリオンダラー・ベイビー」

まだまだ監督業に精力的
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッド監督が、「映画監督は引退すべきではない」との持論を明かした。

米WENNによれば、現在80歳のイーストウッド監督は、少なくとも100歳まで監督業を続けるつもりだという。イーストウッド監督は、「監督たちが引退するたびに、私はある種のショックを受けている。豊かな知識を得たときこそ、(監督として)最高の時期だと思う」とコメント。現在、新作「ブロンド少女は過激に美しく」が日本公開中の現役最高齢監督マノエル・デ・オリベイラを例に挙げ、「ポルトガル人のオリベイラ監督は、100歳を超えてまだ映画を撮り続けている。私も彼に続くつもりだ」と語った。

イーストウッド監督の新作は、マット・デイモン主演のスリラー「ヒアアフター」で、死後の世界とつながる特殊能力を持つ主人公ジョージ(デイモン)を中心に、3人のキャラクターの物語が進行する。脚本は、「クィーン」「フロスト×ニクソン」で2度アカデミー賞にノミネートされているピーター・モーガンが執筆した。現在全米公開中で、2011年2月日本公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi